愛を込めて祈る

この投稿をInstagramで見る

平日の昼間、下校途中の中学生?たちの笑い声が聞こえた。中心にいるのは…殴られ、蹴られている少年。  (え、何? いじめ? ジャレてるだけ??どっち???)  蹴りを受けた少年が飛ばされてうずくまり、次の蹴りが入る直前   やめな!!!!!!!!   血が逆流した勢いで、大声が出ていた…。  ああ……  私の声がもっとこんなアニメ声じゃなくって、 『とんぼ』の長渕とか、菅田俊さんみたいな声だったらよかったのに…  報復するならしてみろ、こちとら今まで生きてきた知恵と経験があんだ全勢力使って立ち向かってやる大人をなめんなよ!!  なんて、思っていたら… 殴り蹴りしていた少年はビクッと行為を止め、 周りの少年たちはこちらも見ずに笑い声をあげながら走り去っていった。その後ろに少年。   やっぱ、あれなんだよなあ……  こーゆーの、下手な社会性を身につけちゃって一人が不安なヤツが使うツールなんだよなぁ…。  むかし、誰とも知らない煩いおっちゃんがいた。 「そんなことしたら、あかんやろ!」って。偉そうに誰やねん、みたいに思っていたけど、違ったんだなあ…。   〝少年たちよ、ピンで生きられる人間になれ。〟  ここに愛を込めて祈る。   #いじめ #暴力 #アニメ声 #長渕 #菅田俊

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

お空の君へ

この投稿をInstagramで見る

君がいなくなってから また同じ季節が来る  君は少しわがままだったけど いつか物事には終わりが来ることを知っていたから 大切なものを大切にするという 愛するものを愛しぬくという たったそれだけの覚悟ができていたんだ  あの頃は足りないものばかり数えていたから 君のおわりの音も知らずにいた  君がくれたサヨナラの意味を いまはわかる気がするんだ  君と一緒に愛でるお花を買って 花瓶にいけよう  君がいなくなってから また同じ季節が来る まだ少しだけ 冷たい風が吹いてる  #お空の君へ #君がくれたサヨナラ #雨上がりの青空

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

特ソンディスコ

この投稿をInstagramで見る

脱げる男を目指し筋トレ中の原田篤くんから、イベントにご招待いただきました。  原田あっくんとは舞台で、そして、笠原紳司さんとは、いつか何かで共演させていただいているのです。なんだっけ、なんだっけ……仲良くなったはずなのに。 気になって仕方がないので、ご本人にお会いして確かめるべく、私も参加させていただくことにしました。  で、特ソンディスコ って…? たぶん、特撮のソングでディスコするぜ!ってことなんだと思いますが、ディスコなんてバブル崩壊後の我々世代からしたら危険な香りです。こっそりと裏から覗き見ようと思います。  4月21日 名古屋だってよ〜^ ^  #原田篤 くん #笠原紳司 さん #特ソンディスコ ? #4月21日 #名古屋

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

日本アカデミー賞

この投稿をInstagramで見る

日本アカデミー賞、今回のは注目してみちゃいました。  主演男優賞候補として、役所広司さんと舘ひろしさんの間に登場された『カメ止め』の濱津隆之さんを見て、仲間の上田監督が「CGかと思った笑」とコメント笑 素晴らしいなあ。  最優秀作品賞は『万引き家族』かあ。  自身の命の使い方を決めておられた樹木希林さんの存在は、やはり映画界を支えていました。  主演女優賞を受賞された安藤サクラさんのスピーチに、樹木さんも満足されたのではないでしょうか。   #日本アカデミー賞 #万引き家族 #カメラを止めるな

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

ファースト・マン

この投稿をInstagramで見る

温泉行って♨️→🎥『ファースト・マン』を観てきました〜♪  「ファーストマン: ニール・アームストロングの人生」が原作の本作、凄くよく出来ています!おすすめです✨よく出来ているだけあって…  ぜったいに、月になんか行きたくないです笑。  つくづく見上げるだけがよいと思いました。 簡単に宇宙や月になんて行けへんで〜宇宙飛行士さんは別格なんやで〜思いました。  しかし、人間はどこまでも貪欲だなあ… こんなに恵まれた星に生まれたというのに…。 そこに在る幸せを実感する方が先だって、感じさせられました。  #FirstMan #ファーストマン #ニールアームストロング 

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

わけあって絶滅しました。

この投稿をInstagramで見る

本日、風が春を連れてきたので、働かない考えない一日と決めました。そんな1日に。  これ、読んだことある? 一時期話題になっていたので、先日本屋さんでパラっとめくってみたら…棚に戻せなくなってしまった笑。  「絶滅」なんていうでっかいテーマをフランクかつユーモラスに描いたこのクリエイティブは素晴らしい‼︎ 絶滅しちゃった不器用でチャーミングな彼らが愛しい❤︎ 個人的には、陸にも水にもどちらにもいけるから迷っているうちに「中途半端で絶滅」したクジラの先祖、パキケトゥスが他人事とは思えない。 その営みや長い長いストーリーを生み出してきた地球が尚も尊い。 瞬きほどの時間で生きている私たちが、 彼らに教えられることは大きい。そして責任は重い。  ー絶滅は自然のひとつですが、 「自然が引き起こした絶滅」と、 「人間がかかわった絶滅」はまったく別物。 なぜならば、人間による絶滅はつぎの進化した動物をうみ出さないからです。ー 「わけあって絶滅しました。」今泉忠明,ダイヤモンド社,2018年,3P  #わけあって絶滅しました。 著 #丸山貴史 監修 #今泉忠明 #ダイヤモンド社 #絶滅 #パキケトゥス #春

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

シティハンター

ポイ捨て

この投稿をInstagramで見る

こんなことをしても…って、どこかで思いながらも放って置けないんだな。  どっかの市長さんが、「ゴミ処理施設を何とかしても、ポイ捨てされちゃう分はなんともね…」って言ってたこと、  小さい頃ポイ捨てして、「それ、あと誰が拾うねん!」って父親に叱られたこと、  「たった数人の変わり者がそこにいるだけで世界は変わる」って、地球少女アルジュナで自ら発したこと、  その隣りで咲いてた水仙の花。  やっぱり…3歩下がって、拾う。  なんてことない。 通勤途中の駅のゴミ箱に入れるだけ。 帰りは、うちに持ち帰るだけ。 少なくとも、人間のゴミは、人間の手で。  #ゴミ #通勤途中 #ポイ捨て 

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

ビール

たからもの

View this post on Instagram

母からLINEが送られてきまして  東京の自分の部屋には置ききれなかった台本や、頂戴したお手紙を実家に送って保管させていただいておりまして…。  年末に母から「クロゼットのダーンボールを処分してよいか?」と言われてNoの返事をしたら、 きちんとクリアケースたちに入れ替えられて、防虫剤までのっけられてるみたいです笑。  親に見せるのは、なんだかずっと気恥ずかしかったのですが… じんわりきてしまった、、 まだ当分の間、宝物として保管されていきそうです。  あらためて、自分の歴史というよりも、まるで座標のような「作品の力」を感じます。 クロゼットに眠っていたものだって、またテレビで流れたり、海を渡っていたり… (自分のなかで「Bohemian Rhapsdy」よりも「I Was Born To Love You」だった理由もいま繋がりました笑)  あの頃、もっともっと怖がらずに力を抜いて楽しめばよかったなあなんて…自身の進化にも気付けたり。  #台本 #ファンレター #プライド #IWasBornToLoveYou #宝物

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

麻布ナイト

なんで、そうなるのかな

えはらっちん

広辞苑

View this post on Instagram

ついに買ってまった✨ 母が、本のお返しにとくれた図書カードをぜんぶ使ってまった!(いまはカードに穴があかないのね)  みて✨この凛々しいお姿!! この繊細さ!!包容力!! 重厚感!! 第七版という運命的な響き!! 真新しい紙のチョコレートの香り🍫  本屋さんの主を、我が家にお招きしてしまった✨  編集の平木さーん 岩波書店の社長さーん  買いましたよーーーーっ!!ありがとうございますー✨  わくわくするっ なんでもっと(頭が)若いうちに出会えなかったんだろう✨ いいえ、満を持して!  これから、船を漕ぎ出します…!!  たほいや に備えます!!笑   #広辞苑 #岩波書店 #第七版 #平木靖成 さん #舟を編む #たほいや #図書カード #母

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

市原悦子さん

とても、とても淋しいです。

ドラマでご一緒させていただいたときのことを忘れません。
本番に入る直前で一旦〝待ち〟が入ったとき、
芝居モードから解かれた市原さんが、「緊張するじゃない、ねぇっ」と意外にも語気を強く仰って、小さく震えた両手をキュッと握っておられたことが、鮮明に思い出されます。
ねぇ、と投げかけられ、つい「そうですね」と答えてしまったことが、いまでも恐れ多いです。

同時に、心から尊敬する大好きな女優さんになりました。
テクニックでうまくやれる役者さんもたくさんいらっしゃいますが、多くの場数を踏んでも、その緊張感を保ち続けることの方が素晴らしいと感じたのです。誰にも言ってはいけないような、誰かに伝えなくてはならないような、大きな秘密を抱えた高揚感を覚えたものでした。

舞台に立つ前、本番よーい!の前、ものすごく緊張してしまう自分は、この仕事に向いていないのだと思っていました。市原さんにどれだけ勇気をいただいたか知れません。

悔やまれるは…芝居中、そんな尊敬する背中をおいかけるシーンで、心から「先生!(待ってください)」と呼びかけたくなったのに、アドリブの勇気がなく小さな声になってしまい、市原さんに届きませんでした。
あの後悔とさみしさも、ずっと忘れることはありません。

これからもずっと、尊敬しています。
ありがとうございました。

たほいや

View this post on Instagram

本日は12:30〜17:00まで、ど〜っぷり『広辞苑』の海に潜っておりました。  私としては、オータカ先生と眞形さんのコラボを見に行かないわけにはいきません。 ※オータカ先生は、舞台をご一緒したときに楽屋でギターを教えてくださった先生です。 ※眞形さんは、人狼を教えてくださった先生です。  前半にオータカ先生と対談された平木靖成さんは、 なんと、三浦しをん著『舟を編む』の主人公のモデルでいらっしゃるそうで、以前読んだイメージそのままの方で、嬉しくなっちゃいました笑。  10年に1度、約1万語を増やすといわれるその作業を経て、広辞苑もいまや第七版。 まさかの「血流」や「開脚」が入っておらず、今回こっそり入れました。やっぱり「IPS細胞」は載ったけど「スタッフ細胞」は載らなかった、「ぜひ証明していたただいて…」などと、ユーモア溢れるお話や笑、 「自分たちが残さなければこの世から消えてしまう言葉がある」という熱いお話まで伺えて、まさにリアル『舟を編む』でした。 オータカ先生の『たほいや』と『第三舞台』も加えて欲しいという気持ち、わかります‼︎  『たほいや』は、元は1993年から放送されていたテレビ番組で、なんと本日出演された皆さんも当時のメンバーなんだそうです。私もなんなら学生のときからこのゲームを知っていたかった‼︎ よし!私もいつかメンバーに加えていただこう!笑。  楽屋ご挨拶もさせていただき、お久しぶりにオータカ先生と眞形さんとも、憧れの書くお仕事の皆さんともお話しさせていただき、なんと岩波書店の社長さまにもご挨拶させていただき…感無量でございました✨  #たほいや #広辞苑大学 #広辞苑 #朝日新聞東京本社読者ホール #舟を編む

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –