お花見

この投稿をInstagramで見る

#うちの #103歳 の #祖父 です #大正 5年生まれ  今年の春は一緒に #お花見 ができなかったので #ビデオ通話 越しに、庭の桜を一緒にみました。 #ありがたいことです🙏  祖父は #会津 から出兵して #将校 となり #生きて帰り #大阪 で #紡績会社 を営みました。 いまでも脇腹に鉄砲の弾がすり抜けたことを 「鉄砲弾さえワシを避けていった」と #笑って #自慢 するのです。  そんな #国に命を懸けた 祖父に、私はよく #いまの日本 をどう思う?  #いまの政治 をどう思う? と、血気盛んに問うていました。  そのとき祖父が何気なく返した言葉に 拍子抜けするどころか、熱を奪われ その後の考え方を大きく変えられたのです。  「#それでもいま戦争が起こってないんやから #ちゃんと考えてくれている人がおるんだろうな」  なんとも #潔い というか #己を知る というか… #冷静にものが見えている と感じたのです。   #脳科学者 の #中野信子 さんが #これからは人を許せない気持ちが増幅していく ことに #警鐘 を鳴らされていました。 #正義中毒 というべき一種の #依存症状 なんだそうです。  #真にものがみえる人 とは #物事を冷静に俯瞰できる人 をいうのでしょう  日々思うことはありますが この顔をみながら、また己を律するのでした。

東山 麻美(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –