ライブ鑑賞

この投稿をInstagramで見る

今夜は、こちらのライブにお邪魔してきました〜♪  先日のボランティアライブでご一緒させていただいた、ベースの伊藤広規さんのプレイ(インスト)が間近で見られるということで💖 (先日は歌わせていただいて背中向いちゃってたので)  言わずと知れた、山下達郎さんサウンドにこの方アリ✨という。こないだのワンマンのメンバーにその名を出せば、「おい、マジか!ベースの神様みたいな人だぞ!」と教えていただきました。  はい、目の当たりにしました。洗礼を受けました。穴があくほどガン見してまいりました。  というか、一緒にプレイされている方も、ものっ凄くて…ちょっとこれから、同じ〝音楽〟っていう言葉を恐れ多くて使えないかも知れません。  ↓ちょっと語彙力が乏しいですが、すみません…  東さんのドラムは、切れ味良すぎて切り口まるい……‼︎ あんな、あんなに誠実な音があるなんて!一発目からどうしようもなく釘付けでした。だって、いくら凄いアレンジをなさっても、私でもリズムをとり続けられるんですよ。  工藤さんのピアノは、葉の上をすべる雨の雫のようでした。あんなになってしまったら、これ以上どうするんだろう…。失恋してつくられた曲が、サンバって……。やはり世の中いろんな凄い方がいるんだなあと感銘を受けました。  ギターの養父さんは、なんとパットメセニーと演っている方と今度一緒にステージに立たれるとのこと!どおりで、どおりで、弾いてないんだもん!弦をさすってるだけに見えるんだもん。 ※ちなみに、私が世界一好きなアルバムは、チャーリーヘイデンとパットメセニーの「Beyond the Missouri Sky(ミズーリの空高く)」なのです。  そして、広規さんの包容力……✨すべてを包み込むような、これが、数々のステージを支えて来られた方の貫禄というやつか……。 「北の国から」で五郎さんの手に擦り寄る宮沢りえさんよろしく、その手に刻まれた歴史が、とても尊くてかっこよく感じられたのでした。  音がね、すごいんだもの、もう訳がわからないんだもの。 スコットヘンダーソン Scott henderson という人の、「Valentine」という曲を演奏してくださっているときのこと。 めちゃくちゃ難解なリズムなのに、全体の音があまりにぴたっときすぎて……なんていうのかな、声があたってピッチよくキレイに響いたときに、その音が耳で聞き取れず消える瞬間があるみたいに、 リズムと音がぴったりのまま、どんどん迫ってくるから、上に上に引き上げられちゃって、地面から離されちゃって、そのまま魂を抜かれちゃうんじゃないかと思ってマジで怖かったです。  今日、音楽は数学と親和性があることを実感した気がします。 私は、技術的にうまい芝居は、かえって人間味や温度がなくなって、あまり好きじゃないんですけど、 音楽は、あんな風に極まって雑味がなくなると、自然に近づいちゃうんだなあ……と。フィボナッチ数列?自然の螺旋が見えるようでした。降臨したみたいだった。畏れ多い、音楽。  ということで、、 なんか、音楽以外の呼び名(自分の場合用)ないかなあ……。  #和SABI #伊藤広規 b #養父貴 g #工藤拓人 key #東広典 ds  #スコットヘンダーソン #Scotthenderson #Valentine #パットメセニー #BeyondtheMissouriSky  #横浜STOMYMONDAY

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –