ビリーバンバンさん50周年

この投稿をInstagramで見る

#ビリーバンバン さん #50周年 #おめでとうございます🎉㊗️  歌は、細胞に浸透するのだと思う。 生まれる前から聴いていたせいか、 昔、母が弾き語っていた『白いブランコ』も『さよならをするために』も、自然と口ずさんでしまう。  いいちこ🍶のCMがテレビで流れる度に、ほっと懐かしい気持ちになって、ああ、どうか時代が変わっても、ビリーバンバンさんの曲が流され続けますようにと願っていた。  しみじみ、歌は、人生だ。 アーティストの人生と、お客さんの人生が、ひとつのステージに映し出される。 今に、未来に、繋ぐ力を持っている。もの凄い力だ‼︎ そんなコンサートでした。  シンガーソングライターの浜口庫之助さんに、「海外で流行っているフォークソングってなんだ?」と尋ねられ、菅原孝(ビリーバンバン)さんは、「ベトナム戦争反対などとあえて言わずに、花や、愛する女性や、もっと美しいものに目を向けさせようと訴えた音楽」と答えたそう。 そして、浜口さんの『バラが咲いた』という曲ができた、と。  菅原さんの澄んだ声の『バラが咲いた』と『涙くんさよなら』には、気づけばハラハラと涙が落ちていた。 あれを琴線にふれるというのだろう。  歌が、誰かのためになること。生きる力になること。 実感として、お二人に教えていただきました。  ああ、母にもみせたかったなあ。  #白いブランコ #さよならをするために #遅すぎた季節 ←#大好き💖 #バラが咲いた #涙くんさよなら #僕らはいつも片方の靴 ←#涙💧

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –