東山麻美ひさびさミニワンマンライブ♪

今回はゆっくりアコースティックな音楽で♪
一杯みなさんとやりながら♪
まったりトークなんかもして♪
アットホームに過ごす
東山麻美のひさびさミニワンマンライブです♪

サポートも素晴らしい方々です♪
一緒に楽しみましょう〜♪

 

日時:8月24日(土)
開場:15:00 開演:16:00
会場:G-Trip- AKASAKA

東京都港区赤坂3-19-9 オレンジボックスビル3階

詳細・チケットご購入はこちら

※当日券はございませんので、ご注意ください。
※8/16 前売り券を若干枚数、追加販売いたしました。
 

この記事のコメント欄にて、当日のトークでお聞きになりたいお話の内容を受付けております。※承認後に反映されます。

コメント受付は終了いたしました♪ありがとうございました♪

 

東京帰郷

この投稿をInstagramで見る

. #武相荘  暦とはよくできたもので、立秋を過ぎるとどこか風が次の季節になっている。 帰郷するつもりで武相荘にいってきた。  白洲次郎さんと正子さんが暮らした茅葺き屋根のお家。 お二人の愛用していた家財は、季節ごとに展示がかわる。 お邪魔しますと、一礼して入るお家の中は、外の日射しが嘘のように薄暗く涼しい。 古い時計と暖炉、レザーのソファ、素足にひたりとつめたいタイルと木の床、骨董品や古くなった布たちの少しカビ臭い香り。吸い込むと、帰ってきた気持ちがする。 この居心地のよさは、「ああ、入りなさい」と干渉せずに受け止めてくださる、ご夫妻のお人柄のような気がする。  いつも思うのだが、今は亡き祖父母の昔の家に似ている。 昔は辛気臭いと思っていたものだけど、これほどまでに時間をくっきりと止めてしまうには、どのように演出すればよいのか。  ガラスケースにある#日本国憲法公布記念の菊御紋章付銀杯 をみて、幼い頃、祖父母の家にあったこの銀杯に砂を入れ、お花模様のプリンをつくろうとしていた記憶がフラッシュバックする。 恐ろしいのは何も知らない幼子の行動ではなくて、 いったいうちの先祖は何者なのかということである。 そんなことも、ここに来ると懐かしい所以である。  ひと気が少ないのをよいことに、正子さんの書斎の後ろの畳に、ペトンと座ってみた。執筆のお邪魔にならないように静かに正座をして、視線も邪魔にならないように、そろりそろりと書籍のタイトルを目で追った。チェーコフ、あ、小林秀雄の「考へるヒント」(いつか町医者先生が貸してくれた本)、河合隼雄まである。 書斎正面にある障子越しの窓には、キラキラと夏の木々が揺れていた。一緒に揺れていたあのピンクと紫の花はなんだろう。白洲邸には野花しかないので、なんとも品があって美しい。目を閉じ、ここでお昼寝できたらどんなにいいかしら……なんて、不謹慎な思いを断ち切って立ち上がった。 そういえば、正子さんも家の事情で大学に行きたくてもいけなかった派なんだよなあ。独学で本をお書きになったのだなあ……つくづく、このご夫妻には憧れる。  ひと気がないのをよいことに、今度は縁側の淵にまたぺたりと座ってみた。アンティークのねじ締り錠がついた木枠の窓から見える木々が、この世のものとは思えぬほど美しい……。本来の日本の夏は、これほどに美しいのだ。  次郎さんが日本国憲法改正に関わったのが43歳、東北電力の役員を終えて農家になったのが60歳を過ぎてから。この景色をゆっくりと眺めるまでには、私もまだ頑張れるか。 娘か孫になった気分で、しばらく縁側で目を閉じて里帰りをさせてもらった。  帰りに受付の方と共通の知人のお話をして、「最近ね、あまりこちらにいらっしゃらないから、桂子さん(次郎さんと正子さんのお嬢様)にメモを書いておけば?渡しておくから」と言っていただき、有り難く芸名のほうと連絡先をおいて、本を一冊、買って帰った。  帰るのが寂しくて、こんなお家に住みたいなあ……と思った。 「あんたね、そんないいもんじゃないわよ」 桂子さんの声が聞こえた気がした。

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

2019年の一冊

平和への誓い

黙祷

カバー曲

グスタフクリムト

この投稿をInstagramで見る

. #GustavKlimt #グスタフクリムト  美しい……✨ 先日友人と行ったクリムト展で発注した図録(ユディト版)が届いた♪ゴージャスぅ〜  この表紙絵「#ユディト」は、ほんとは画角右下におっかない男の生首を持っている この妖艶な未亡人ユディトに誘惑されて眠っている間に切り落とされた軍指揮官の首だったりする (女には気をつけろというメッセージらしい)  クリムトの絵といえば、一見煌びやかななかにも、死生観、神話、脅威に対する擬人像など、哲学的メッセージがあるのが特徴的  シャガール#MarcChagall 、ロスコ#MarkRothko 、#いわさきちひろ ……私が好きな画家は数あれど、クリムトの絵に惹かれる理由は、なんといってもデザイン性である  彫刻を学んだ空間認識能力ゆえか、クリムト作#ウィーン分離派展ポスター のデザインをみても、フォントや余白の使い方など、よだれがでるほどにカッコいい✨  しかし、その才能も……  年譜にある数々の異性の名前と、それぞれとの子供の数と、挙句〝生涯独身〟の文字をみた瞬間に 「はあ⁉︎」と、思わず友人と声を合わせるのだった  その後、いろんな女性の裸体スケッチを見るたびに、 フンッ(キモ。芸術家なんてこんなもんでしょ。)などと、 高貴な芸術や才能も、すっかり我々の前には価値をなくしてしまうのであった  作品(仕事)だけみてりゃあよかったものを…… ときどき思うことである   #クリムト展 #ウィーンと日本1900 #東京都美術館

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

なまず人間

この投稿をInstagramで見る

. 雨の音は、心地よい音だ。 働きすぎた脳がまだ等速直線運動を続けるよってに、読書する。  そもそも、朝から片付けるはずだった仕事がカフェに行ったせいでとんだロスタイムだ。あの「親の仇タイピング脚本家」のせいだ……  しかし、世の中にはいろんな人間がいるな。  どこかに私と同じ、時計の秒針音やアラーム音、ファミレスのおばちゃん弾丸トークに目を回し、百貨店入口のモスキート音でうずくまる人間はいないか。  なんなら、人々が地震の揺れを感じる約5秒前。とつぜん鼓膜をつかまれた感じがしたなら、ゴゴゴゴゴゴゴゴと地鳴りが聞こえる。震源地が近ければ近いほどその音は大きく、すごいのが来るぞ、来るぞ……と、恐怖に血の気がひき心臓がバクバクする人間はいないか。(たいてい震度3くらいだけども)  自分は、『マーズアタック』の火星人だったのではないだろうか……。  夜更けにどうでもよいことを考え、孤独を覚える脳である。   #コンビニ人間 #地震 #地鳴り #なまず人間  #マーズアタック #火星人 #音波で脳ミソやられます  #頼む #タイピング音 #マナー に加えてくれ #ミソフォニア

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

ミソフォニア

この投稿をInstagramで見る

. 仕事を片付けようと朝からカフェに行く。 混んでいる。(そうか今日は祝日か) カウンター席を選ぶも失敗する。 お隣りはどうも脚本家?ぽい、が……  でた。<親の仇タイピング>だ……。 すごい音だ……。  別に同じ指でキーをたたいてもいいじゃないか文字が打てれば。 別にMacじゃない、どっかのふかふかキーボードPCでもいいじゃないか。悪気はないんだもの、人それぞれだもの。 何より、こんなことでは現代社会で生きていけないじゃないか!仕事に集中!ノイズキャンセリングON!  脚本家、のってくる、、 どれだけ叩くねん(!) 耐えろenter key(!)  30分我慢する。  →目がまわりはじめる。 →目眩から吐き気をもよおす。 →店を出ようとするも立ち上がれずレジまでいけない。 →なんとか帰宅して →ベッドに横になる。(いまここ)  幼少期から秒針音のする時計が苦手、起床時のアラーム音で病欠、ファミレスのおばちゃん弾丸トークに失神……  これはもう、ハンディキャップでいいだろう。 助けてくれと(いうだけ)いってみてもいいだろう。  #頼む #タイピング音 #マナー に加えてくれ #ミソフォニア #聴覚過敏 #音嫌悪症 #モスキート音 もきこえちまう #絶対音感 ならよかったのに

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

弱点

この投稿をInstagramで見る

. 土曜日のつぶやき。  「アンタはまったくお人好しなんだから!それが隙なのよ!」 と先日、女友達に叱られた。  「まみには教えておいた方がいいと思って。 障害者のフリして介助させる痴漢がいるらしいよ」 と先日、別の女友達からメールが来た。  (その人なら、乗り換え駅の障害者へまったく配慮のないスロープを、その人を守るために必死に星飛雄馬の如く車椅子を押したよ……別にいいけど。)  得てして異性には、自身の良心や真心は、それとして扱っていただけないようだ。 時にはお菓子のような、拾ったペットのような、コンビニのレシートのような、おおよそ、そのようなものなのだろう。  汲みたてバケツの水に乱暴に混ぜられた好まぬ色のように、 浄化するまでにはかなり時間がかかる。 本を読んで、本を読んで、本を読んで…… 世界を浄化するのだ。  しかし、まったく学ばぬ自分に、嫌気がさすものだ。 #弱点 #チェーホフ

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

海底ゴミの糸

この投稿をInstagramで見る

.  “この糸1キロごとに、海底から1キロのゴミを除去する事が出来ます。”   #CosmeKitchen #SUSTAINABAG #サスティナバッグ  #素晴らしい ✨✨✨ #かっちょいい ✨✨✨ #白をポチ 👆✨   何ヶ月にも及ぶ研究開発と技術者の努力により、この海洋プラスチックゴミから生み出される100%リサイクルポリエステルフィラメント糸を開発することに成功しました。   コスメキッチンでは、母なる美しい海を守るため、この画期的な100%リサイクルポリエステルで出来たショッピングバッグを『SUSTAINABAG(サスティナバッグ)』と名付け、販売致します。  『サスティナバッグ』が街中に溢れるほど、海の生き物たちが暮らしやすい世界になること、海洋環境の改善になることを願っています。

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

多謝

ゴドーを待ちながら

この投稿をInstagramで見る

. #ゴドーを待ちながら #神奈川芸術劇場  お世話になっている先輩、オータカせんせ#大高洋夫 さんにお誘いいただき、久々にどっぷりお芝居を観劇させていただきました♪  いやあ舞台って、役者さんて、ほんとに凄いものですね✨ 普通の会話でない哲学的な超長ゼリフを、あんなに長時間やり続けられるなんて‼︎ その瞬発力、記憶力、体力、表現力に、ただただ感服いたしておりました✨  最前列で観劇していたら、突然オータカせんせから手を引っ張られるというサプライズもあり、 めっちゃどきどきしましたが、なんだか久々に共演させていただいたみたいで、至福でございました♪  いやあ芝居って、役者さんて、ほんとに素晴らしいものですね✨  ご出演: ※敬称略 #大高洋夫 #小宮孝泰 【昭和・平成ver.】  #茂山千之丞 #渡部豪太 【令和ver.】  #永井秀樹 #猪股俊明 #木村風太 #6月23日まで

東山 麻美さん(@mami.higashiyama)がシェアした投稿 –

源太とマミのはじめての唄会

花〜嫁は〜夜汽車〜に乗って〜♪
フォークソングどきどき✨
「チラシつくりたいから『花嫁』を聴いていた頃の出来事教えて」と母にきけば、
「そうやなあ、アポロが月に降りた頃ちゃうか〜?」
って……私、生まれてもいないよっ
なのに、なんでその頃の曲をいっぱい知っているんだろう……って
それは幼い頃に母がきいていたレコードの影響でした。

大先輩方の胸をお借りします♪
素敵な出逢いがカタチになります♪
よろしければぜひご一緒に♪

 

日時:8月4日(日)
開場:12:30 開演:13:30
会場:Live&Diner Crop

東京都東京都町田市小川2-28-13
※JR 横浜線 成瀬駅(JR 新横浜 から6駅 20分)から、徒歩約6 分です

詳細・チケットご購入はこちら