会いたい人に

 

会えるジンクス。

 

のっぽさん

(子供だった私たちに何も語らず夢を教えてくれた方。ある企画のご協力をお願いしたとき、たくさんお話してくださって、絵本にサインをいただきました。)

 

T.M.Revolution

(この人、なんて、なんて気持ちよさそうに歌うんだろう!風じゃなくてだよ。テレビでみるその姿に素敵!って思ってました。そしたらいきなり家族役でドラマ共演させていただきました。)

 

黒柳徹子さん…

 

まだお会いできない…。

(私がはじめて実物を目にした芸能人の方。幼い頃に文化ホールできかせていただいた朗読はいまでもよく覚えています。生き方のセンスもお志もリスペクトしています)

 

お会いしたいなあ…はやく。

 

 

 

きみには,わたしじゃないんじゃないか

わたしには,きみじゃないんじゃないか

わたしがいる場所は,ここじゃないんじゃないか

 

きっと私は疲れすぎていて

じぶんの着ている服さえ忘れているから,凍えているんだろう

 

ちょっと

 

月曜の朝から、深刻なネタでもよいでしょうか。

 

頼られたら男前に対処する

困っている人がいたら放っておけない

踏まれてもただでは起き上がらない

精神的にも経済的にも人に迷惑かけない程度に自立している

やらかしたことは自ら責任持って落とし前つける

人の陰口恨みごとを言わずに切り替えて生きる

なんでも許してくれそうな母性がある

つらいときでも笑顔をみせる

雌、である

 

これは、生まれ持った性質もあるだろうが、

生きるために必死に身につけてきた術でもある。

 

勇者は、より強化された仲間を求める。

村人たちは、救世主を求める。

 

ダウングレードは許されないのか、この世界は。

 

 

欠点を長所に

 

ってよくきく言葉だけど、

それってなかなか難しい。

日本人だからか、足りぬものを求める人間の性か、ただただ自信がないだけか。

自分の欠点をみては、ダメだなあって凹むのが常である。

 

例えば、頭キレキレのゲームクリエイターの皆さんと人狼ゲームをするとする。

村人として大人しくしている分にはよいが、役職ついたり、潜伏した狼に疑われちゃったりしようものなら、まったく弁明も論破もできない。

何かおかしいっ あの人、人狼だと思う…!という勘は結構あたるのに、それをロジックで人に伝えられないもんだから、説得力がない。

それは仕事のシーンでも同じ。

ポイントはここだと感覚で捉えていることはあるのに、それを人に伝える術なく迷っているうちに、主張する誰かの意見に寄せていくか、面従腹背するしかない。

これはもう、私についてきてくれる人にとったら甚だ迷惑な話である。

〝ハナが効く犬レベル〟と自身を評しており、すっかり自信喪失することもしばしばである。

 

されど昨日、志し高い方たちの会食に参加させていただいたシーンで、こんなふうに言ってくださった方がいた。

_皆さん、東山さんが言っていることを話し半分に聞いていたと思いますが、すごい真理を突いていたと思います。

論理的な話をできる人はいくらでもいますが、感性的な話を、あのエネルギーでできる方はそう多くはいません。(褒めてます、すごく)人に影響を与えるのが上手い方だと思いました。

 

え…

ええのか…?ええのんか…??

なぜだか欠点はおおいに自覚しているが、いまいち長所は無自覚だ。

 

そう、最近こう言ってくれる人によく出会うのだ。責めもせず、イライラもせず、そういうところがよいと素晴らしいと言ってくださる。

涙がポロリ、理解者に見つけてもらえた『窓際のトットちゃん』の気分である。

 

短所と長所は、表裏一体。

そろそろ自分の欠点はよおく解っているわけだから、人様が教えてくださるこの子の長所をいかしてハッピーになれるような方法や場所を選んでいきたい。

そうすれば、私のよい面をいかしてより皆さまお役に立てるのではないかと、

そう思うのであった。

 

 

きたっ

 

と、思う。

 

恋人にドライブに誘われたとき。

動きの激しい映画に誘われたとき。

遊園地に誘われたとき。

ゲームの画面をみるとき。

 

楽しみたい心とは裏腹に、目が回りはじめる…

がんばってくれよ〜、わたしの三半規管っ!

 

 

いろいろ

 

あるけど

幸せのカタチって。

 

たったひとつ

生まれたときからずっと探していたもの。

 

やっと、みつけた。

 

みつけた。

 

なんども、そう思う。

 

 

お友達の

 

赤ちゃんが生まれたので、ベビー服を買いにいった。

帰りの電車で、老夫婦が乗り込んでいらっしゃったので、

奥様に席をお譲りした。

そしたら、隣りの青年が旦那様に席をお譲りした。

しゅっとした、かっこいい青年だった。

ありがとう…。

 

なんか、いい休日だ。

 

 

資本主義

 

って泥を、一度吐き出そうとしている自分がいる、、

 

ピケティの主張からはじまり、EU離脱、人工知能の発達、トランプさん当選…

実しやかに、神の見えざる手(資本主義経済)は死んだと囁かれている今日

 

テクノロジーというハードは猫も杓子も盛り上げてくれているので、

これから社会に生まれるであろう新しい価値観(ソフト面)と、自身が求めるものとのマッチングに期待している自分がおります。

やっぱりそっち側の仕事をしたいんだろうなあ…。近々、その息吹きを感じて勉強できる場所があるなら何処へでもいっちゃうかもしれません。(なんて、ここになら自由に書きたい放題です笑)

 

ここで、自身のしいたけ占いの一部を抜粋しますと、

あなたは「活きたお金、活きた人、そして活きた時間」というものが大好きなのです。「この人と付き合っていると自慢ができる」というような見栄には関心を持ちません。あなたはどんなに有名な人よりも、「この人と一緒にいると刺激になる!」というほうを選びます。なぜあなたがそんな人間なのかというと、それはあなたにとって「私が楽しい/私が楽しくない」ということが本当に大事なものだからなのです。
あなたは「自分が楽しい」と思える時間を作るためには何でもします。人の何倍も努力をします。でも「自分が楽しくない」という時間を過ごさせられるのは、どんなに「大人になろう」としても我慢することはできません。「楽しいか楽しくないかは自己責任。人になんと思われようと楽しいという時間を選んでいきたい」というハッキリとした軸を持っているのです。

くぁ〜〜ご名答!

多数決の価値観から生まれる利益ばかりを追求するのじゃなくって、

誰しもが各々のココロの充実を求める時代がやってくればいいのに。

さあて、散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする♪ (←なんとなく言いたくなっただけ)

 

※写真は関係ないです(笑)

昨年末のもので、上は安倍昭恵夫人を中心とした災害時地域ネットワーク強化のイベント(運営)にて。下は、大好きなクリエイターの皆さんと。私のお隣りはドラクエの神様、堀井雄二さん。ドラクエすんぞー

 

しいたけ占い

 

当たってるし、元気が出ると巷でウワサの

しいたけ占い

 

めちゃくちゃ図星だし、よく言ってくれた!と、元気がでます。

 

自分にとって大事なものを再確認して、ちょっといい気分でスタートできますよ。

 

 

なんか…

 

世の中から隔離できたように思えても…

 

SNSでは、派手な攻め気味の抱負が連なり…

画面では、目がチカチカするような先進的演出が素晴らしいと持て囃され…

三半規管がおかしくなりそうな魚眼レンズの世界が新しいと話題になり…

嘘か本当か、某国では自国の基準に則った点数(スペック)の高い外国人しか受け入れない制度を設けるという…。

 

確かに、皆さん、素晴らしい。その進歩の陰にある努力は素直に讃えたい。

 

でもこれ、はんとうか……?

 

なんでも祭だ踊りだ乗り遅れるなにすりゃいいってもんじゃないな。

少なからずここに一人、辟易して心底ため息する者もいる。

恐らく私だけではあるまい…。

 

この視点をもっていよう。

隣の人にあわせて同意したとしても、

それを俯瞰する感覚はもっていよう。

常に Beginner’s Mind を持ち、寧ろそうでない視点で追求しよう。

 

 

元旦

 

何もないな、誰もいな〜いな、快適なスピードで ( ♪イージューライダー )

お送りしております2017年 元旦です。

 

昨夜は、「脇の下なんかをアイスノンで冷やすのと、お布団これでもかと被って汗をかきまくるのと、どちらが解熱に有効か」というプロジェクトに携わり、ちょっと強気なCAさんを宥めつつお話を伺い、昔の文献引っ張り出して資料に起こすなどというどうでもよいタスクをこなす悪夢にうなされていましたが…(おかげで約束してたビデオチャットでのカウントダウンもできなかった、、)

今朝は熱も37度まで下がり、シャワーをあびて、家族の写真と天照大神さまのお札に新年のご挨拶をしました。

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 

写真は、お正月様に見捨てられぬよう、這いずるようにして昨日近所のスーパーに買いに行ったお鏡餅ですが、

いまってスーパーもコンビニに対抗してか、元旦からオープンしてるんですねぇ。(パートのおばちゃん可哀想、、)

昨年は、電通さんの事件があり、代表辞任まで追い込まれる大きな騒ぎになりましたが、日本もようやくほんとうの先進国になろうとしているのではないかと思うのであります。

2013年だったかに国連が発表した国別幸福度ランキングで、うちは先進国で最も幸福度が低い国だったことを記憶していますが、(ダメやん…。)

物質的豊かさを重視してきたバブル崩壊以前が「モノの時代」なら、物質的豊かさを十分に享受しているが故に精神的豊かさを渇望する「ココロの時代」にきていると。

 

まあ、私のように、SNSみたく軽いノリで相手の状況構わず自分の思い(我儘)をぶつけてくださる方へNo(白旗)を出すのもひとつ、

自身の尊厳を欠くまでの人間関係を維持させないこともひとつ、

仕事も、(社会を変えたといってもよい)あのお母様が仰っていた、「人は、自分や家族の幸せのために働いている」という意識を持つこともひとつ。

 

意識し、願ったように物事は具現化されていくので、

私は常に、自身のココロの幸せを追い求めたいと思います。

そのための多少の無理や努力はしても、明らかに違うと思ったことはしない、という潔さも、去年学び得たことです。

 

人の迷惑にならない範囲で、皆さんもご自身のココロを幸せにしませんか。

お互い、よい年にいたしましょうね。^ ^

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2016年

 

最後は、走りきって、ぶっ倒れる

とまあ、例のごとくといった締め括りです。

帰郷することも、紅白をみることも、初詣にいくことも難しそうです。

でも、皆んなから、神様が強制的に休ませるようにしたんだね、と言われ

さもありなんです。

この身体には、いろいろと無理をかけました。

吐き出すように体温が高くなった身体を、ごめんねぇと労っています。

Input も 身体の無理もやめて、真っ白でお休みできることに感謝です。

 

先日、親友とたった2時間カフェで忘年会をしましたが、「いやあ、お互いしんどい年だったね」と…。

特に前半、自分も含めた人間に拒否反応を起こすほどになりましたが、

そこから救ってくれたのもまた、人のあたたかさでした。

 

長きに渡る自分の弱点が露わになったことで、その解決法を必死で探りました。

自身を守り大事にしないと、なにも大事にできないことを今更ながらに学びました。

突き詰めると弱点の根源であった寂しさすら、「君はもう、昔の君とは違う(未来は変えて行ける)んだよ。」と、気づかせてくれた人がいました。

自分の状況がどんなふうになっても、常に信じて、励まし続けてくれる人がいました。

 

身を任せるように過ごした一年でしたが、

私の大きな変革の年となりました。

 

そして、大きなプレゼントをもらいました。

きっと、これからの人生、楽しくなっちゃうんだろうなっていう高揚感と、繋いでいきたいという覚悟をくれた出会いでした。

うまくいえませんが、言葉を探してみると、幸せ です。

 

来年はどうしたいかというより、

出会うもの、あるものを大切にしたい、それができる自分でありたいとただ、そう思います。

 

皆さまも、どうぞよいお年をお迎えくださいね。

ではまた、来年^ ^