必然

 

私が悲しいと

とても悲しい顔をしている

私が幸せだと

なんだか幸せそうな顔をしている

 

それを不思議にみていた…

 

そうか。

私が幸せになればいいのか…

 

いままで、

私が頑張らないと、誰かを幸せになんか出来ないと思ってた。

 

きみを幸せにしたいから、私も幸せになろう。

だから、一緒にいよう。

 

きみは私にいとも簡単に教えてくれた。

ずっと、ずっと、さがしてた居場所を。

 

 

3.11

お仕事中に仲間と、夜の東北復興イベントでみなさんと、黙祷をした。

6年前…
都心から10時間以上かけて自宅に歩いて帰った私は、ただいまを言う人もおらず、ニュースの前でひとり膝を抱え、ただただ、生き物として身震いするばかりでした。

Youtubeでちゃんと泣けずに笑っている被災地の子供たちをみたとき、いてもたってもおられず自治体のボランティアに申し出ましたが、当時は殺到しており、保育資格か教員免許を持つ者のみが対象でした。
私がそれまで持っていたお芝居も歌も、子供たちへの朗読の先生も、何の役にも立ちませんでした…。

社協か行政の職員は現地に派遣されるという情報を得て、それまでの仕事を辞め、面接を受けました。お仕事させていただけることになりましたが、現地には派遣されず、学校へいけない子供たちへの支援事業主任を任されることになりました。

好きなアニメの話、アーティストの話、音楽の話…ギターを片手に一緒に歌ったり、夜が明けるまでウンコ座りで話を聴いたり、本人と親御さんにアニメの映画チケットをプレゼントしたり…。共通言語といえばそんなものでした。それまで自分がやってきたことは、決して無駄なことではなかったと気付くことができました。

事業の最終年を迎えたとき、〝さよなら〟をうまく言えない私に、傷だらけの腕した女子高生が、「麻美ならどこでもやれる、大丈夫。私も頑張るから、頑張って」と言ってくれました。助けられていたのは自分だったと気付きました。

私は何度かお話の中で地球なんかも守ってきましたが、誰かのヒーローになんて簡単になれるもんじゃない。自分が生きること、大切な人がいることに感謝して、できることを少しずつでもやること。あの日からずっと今も、繋がっています。

 

大人に

 

ならなきゃいけない。

(時代は移ろいゆくものだ)

 

待合室のテレビ画面。

声が変わったドラエモンをみて、

そう、実感する。

 

 

深刻な

 

悩みが、私にはある。

 

iPhoneのホーム画面の、

一番右下にあったはずのアプリが、

何かの拍子に消えて、早や一日が経過する…

 

いつも見ていたはずのもの、重要度の高い場所に置いたはずのもの…

いったい何であったのか、思い出せない。

 

己の記憶と、執着と、世の儚さと…

 

その歯抜けのホーム画面を見ながら、虚しさを覚える、週末であった。

 

 

さんざ

 

苦労した母が、

「あんたたちがいたから、なんとかやってこられた」

と、口癖のように言っていた。

 

それは、なんていうか、

母に苦労をかけた我々と、

自身の苦労に対する慰みなんだと思っていたが、

 

その言葉はどうやら本当であったようだ。

 

母の境遇に似た特別な女性が、同じことを言っていた。

 

まだ分からない、

一生分からぬかもしないことに、少しの悲しみを覚える。

 

 

やまんなか

 

で道に迷って、

道を尋ねにいった古民家に、文子ばあちゃんと飼い犬のメリーがいました。

文子ばあちゃんは、この先は行き止まりだっていうことと、戻る道順を教えてくれて、

おまけに、たくさん大根がとれたから持っていきなと持たせてくれました。

 

きんぴらと、酢漬け、鳥手羽の煮付け、しそサラダ、和風ハンバーグ…文子ばあちゃんの瑞々しい大根は、何につけてもご馳走でした。

 

あんな山奥の細い崖沿いの道で、お買い物いくときなんか大丈夫かな…

お元気かな…

 

メリー、文子ばあちゃんを頼んだよ。

 

そう、お祈りするのでした。

 

 

こう

 

なったらいいのになあ……って、

 

悲しげな曇り空を見上げていたら、

 

 

ぱぁっと、虹がかかった。

 

 

最近の楽曲

 

と、言われて正直

ここ数年間で、わかる曲などない、、

『君の名は』のRADWIMPS が精一杯。

これはもういよいよ時代についていけていないと思っていたが…

 

いや

ついに私も、アニソンを手元に持つれっきとした現代人ではないか…!

(ちょっぴり違和感の電車内 AM7:00 )

 

仕事とはいえ身内の作品とはいえ、何度も生ライブに行かせてもらったら〝ハート撃ち抜かれてBANG!  BANG!  BANG!〟なのである。

 

歌うまいなあ…

 

ライブでもまったく変わらぬ歌唱力を持つ彼女たちは

さすが何千人の中から選び抜かれた、あの河森監督に選ばれたし者たちなのだ!

歌って踊ってお芝居して…ほんとすごいなあ、実際に目にして実感。

 

これ、ぜんぶ昭和の歌謡曲なんだねぇ

通りでアンコールの『愛・おぼえていますか』に違和感がなかったはずだわ

 

歌詞もちゃんと作家さんがつくってる感じだし、とても聴きやすいし、うん、かっこいい!

歌いたくなっちゃう。

(歌えないけど、こんなレンジ広い難しい曲 笑)

 

 

まあー

 

どこへ行ってもなにをしてもいいですけど

あなたには特段関係のないことだと思いますよ。

 

あなたは自分を掘り下げることです。

自分がいいと思ったこと、

正しいと思ったこと、

感性のままに勝負することです。

 

それができる人はほとんどいないのだから。

 

 

ひがしやまー

 

ライブやりなさいよ

どんなに忙しくても行ってやるから

 

こないだのライブも行っただろ

またやってくれて、嬉しかったんだから

なんか、おまえのファンにこっちが気づかれちゃって恥ずかしかったけど…

 

たまには人の前に出て、ずっとキレイでいろよ

ひがしやまは、発信する側にいろよ

 

 

学ぶ、生かす。

 

誰かが困っている

夢中で手を差し伸べる

気付いたら、後ろで自分を支えている人も溺れかけている

これで、幸せ?と問いかけている

 

そろそろこの行動パターンを、“悪”としなきゃいけない

 

 

ご馳走

 

SNSの情報もいいけど、本からの情報はもっといい。

この知識と情報を差し上げます
その知識と情報を頂戴いたします
いまから読書の時間にさせていただきます

礼を尽くした分、価値も高まるってもんだ。