お久しぶりです。

先日のトークイベントで少しお話させていただいたことを、こちらでもご共有させていただきたいと思います。

また、私の近況を知ろうとしてくださる方は、ブログをご参照くださるようで…やはり放置しているみたいなのはいけないな、と思い、書かせていただく次第です。

 

長らくこのブログは、ファンでいてくださった皆さんとの、大切な交流の場だと思ってきました。
その意味では、私にとりましても重要なツールでした。

ですが、ここの字面だけで、私を(状態を)見えていない人から「貴女はこんな人だ」「こんな状態だ」「こんな生活だ」「運命の人だ」「何時何分にここで待っている」「今日こそ来て欲しい」などと言われても、困惑しておりました。

ちょうどその頃、プライベートでも同じことが起こっていました。
どのケースも平たく言えば同様に、「自分の思い通りになって欲しい」というものでした。
「私はパワハラ、セクハラに遭いやすい」と、先日のイベントでも笑って話していましたが、なかなか笑えるものではありません。正直しんどいことです。

自分もしんどいと同時に、相手にも「勘違いさせている」場合によっては「傷つけている」という事実もあります。
一丁前に一般企業でOLをしたときには、隣りの席の初老の上司にこう言われました。
「貴女は、“おはようございます” と挨拶をするだけで、相手を勘違いさせてしまう。ややこしくなるから、特に相手の目を見て挨拶せんでよろしい。」と。どないせいっちゅうねん。

しかし、私はここにきて、自分に欠けていたものに気付きます。
相手を思いやろう、気を配ろう、慮ろう、共有しようと無意識にしてきたことが、当然ですが相手にはどう解釈されるかわかりません。
相手があることなので、最後までケツを拭くのは容易なことではありません。
つまり、自分ばかりがよかれと気遣っていても、通じる相手でなければ、それは本来の意味を成しません。
そのような不自然な状態は、不自然な事態を招きます。

現在、社会問題となっているのは、その辺のことではないでしょうかね。
未成年者の孤独や純粋さにつけこむような事件を耳にするたびに、自分のことのようにしんどくなります。

「相手をちゃんとみて選ぶ(不自然なところを見て見ぬふりしない)」「はっきりと意思表示をする」「それでも通じない相手からは逃げる」「完全に逃げ切る(縁を切る)」まるで子どもに教えるようなことを、私も出来ていませんでした。
どんなにNOを言い続けたとしても、決してひとりにはならない。そのような存在ができたからこそ、冷静に自身の弱点を省みる余裕ができたのかもしれません。

 

私はこのブログでは、感情にまかせた心情描写ではなく、頭で考えたことを書く心理描写を用いてきました。
よって、お友達とのおしゃべりのようなそれとは異なります。もっとも、私はお友達とのおしゃべりでも礼儀として頭で考えたことを言葉にしています。
自身の体験や心情や考察を、発信コードに変換してお送りしていました。
けれど、それがうまくいっておらず相手を勘違いさせたり、自分をも傷つけたのでしょうから、潔く受け止めていました。

これからは十分に気をつけて、自己紹介となるような文章を掲載していけたらと思っております。
少し成長した私は、嫌だな、不自然だな、と思ったことからは全力で逃げて身を守ります(笑)
予めご容赦いただけると幸いでございます。

 

そして、もし、私と同じ思いをしている人がいたなら……
これって不自然だなって思ったら、引き返す勇気をもってください。
たぶん、いま、大人だって自分の自然体に気付けないでいる人がほとんどだと思います。
当たり前のことさえ解っていればいいのです。
例えば、会ったこともない人が貴方をすべて理解できるはずがありません。
貴方自身も、相手をすべて解ることはできません。
そのような状態で、簡単に弱みや純粋に自分のすべてをみせてしまってはいけません。相手の都合よく、利用させてしまうかも知れません。
困ったときにはぜひ、照れ臭くても、ほんとうの貴方を見ている人を頼ってください。そんな人をひとり、貴方のなかで決めておいてください。
こんな世の中だからと、うまくスルーすることを身につけなきゃなんて、思わないでいいです。
嫌な気持ちになったなら、それは、“不自然なことを教えてくれている合図” です。
その力を大切にしましょう。

 

さて、遅くなりましたが、先日のイベントにお越しくださったみなさん、
お話をきいてくださって、歌をきてくださって、ありがとうございました!
そして、お会いできなかったみなさんも、またどこかでお会いしましょう!

 

今夜は満月のようです。

「足元ばかりみていないで、たまには星を見上げてみましょう。」
by  Stephen Hawking