双方向

ネットが普及して双方向性(インタラクティブ)が一般化して、はや一時代を築いている。けれど私は、書店に並ぶ本のタイトルを選ぶ楽しみや、見たくもないテレビのゴシップ番組をスルーする権利は欲しい。なぜなら、情報というものをそこまで信じていないから。特に文字だけのコミュニケーションは危険さえ感じている。ペンは剣よりも強しとはよくいったもので、ウィルスメールと同様、必要な情報と誤判断して見てしまったら最後、相手の思惑に少なからず侵食されてしまうことになる。
最近よく、〝東山さんにコメントを送りたいのですがどこにアクセスすればよいですか〟というご質問を頂戴していているようで、真心をもって私にメッセージを届けようとしてくださったお気持ちはとても有難い。実際にそのコミュニケーションから幸福感を得たいとも思うけれど、水際で制限をかけている以上、それは諦めなくてはいけない。申し訳ない。
そもそも演者としての仕事は、表現を通して皆さんに娯楽を与えることであり、それが夢うつつであるからこその魅力であったはずだが…もうその時代は懐かしい。
もっといえば、双方向コミュニケーションはそれほど容易なことではない。相手の背景や顔色や声色、時間軸や距離感、あらゆる情報を読み取って行うものである。それを読み解く素晴らしい本能が備わっているはずなのに、我々は便利さを追求し楽をすることによって本来の力を忘れかけている。
貴方ってこんな人物だ、貴方は間違っている、貴方はこちらをもっと理解するべきだ、貴方はこちらの価値観に服従するべきだ云々…この事態の理解が、正直いって追いつかない。表現することを超えた範囲で、誰かのご期待に沿うことはもう出来ないと自身の器量のなさを認めた結果である。
しかし、私のようなことを感じて疲れている人もどこかにいるはずである。誰かの無責任な文字に傷つき、幼い胸を痛めてしまっているような誰かが。
そんな人を勇気付けることが出来たらと、私は、私が感じるままのひとつの表現をしている。