御礼

 

結婚のお祝いを、ありがとうございます♪♪

結婚式のお手紙や花束贈呈式とかで、とつぜん両親や友達に涙するでしょう?あれ、人の結婚式で見ていて不思議だなあと思っていたの。
なんかね…そんな感じ。

みなさんからのお手紙を拝読していて、あらためてその存在の意味を知り、自身の人生の節目を実感させられます。

ときには人生の先輩だったり、後輩だったり、共に生きる“同志”だったり…家族みたいに感じるときもある。
みなさんの存在はとても不思議であたたかいです。

 

私ね、一番最初にこども番組のヒーローをやってよかったなあって思うんです。それからの人生、悪いことできないものね(笑)
みなさんをがっかりさせないように生きよう、恥ずかしくないように生きよう、錆びない人であろう、自分にとって正しいものを選択していこう。
時代とともに生活は移り変わっても、うまくいかなくても苦しくても、根底にあるものはみなさんの存在でした。

こんなふうに…(お手紙に目を落とし)近くて遠くからいつも私の人生を見守り、勇気づけてくださいました。ただの女性やタレントとしてではなく、ひとりの人間として私の人生を尊重してくださいました。
これからもずっと、私はみなさんの存在を感じて生きていくのだろうと思います。恥ずかしくないように、一緒にがんばれるように、悲しませないようにと。

こんなふうに東山麻美は、あたたかなみなさんとつくりあげたものです。

失敗したり、傷ついたり、心細くもなるけれど…ご安心ください。いまもいろんな人たちに愛されています。いろんなことに感動して、この世界の素晴らしさを享受しております。
どんなかたちでアウトプットしてみなさんにお伝えするか、それはタイミングをはかりつつ…
その時までに、たくさん蓄えて参ります。

これからも一緒にこの世界を楽しみましょうね。
みなさんのご健康とご多幸を、心の真ん中からお祈りいたしております。

かしこ

東山麻美