よく

 

気がついて、人の気持ちがわかる方ですね。

 

その、いっけん誉れともとれる性質は、

社長秘書やら、子どもらをケアする仕事なんかをする際には幾分役立ったが、

その他の場面では、下手すれば骨折り損どころか骨の髄まで食いつくされるのがオチである。

 

こと、結婚生活においては尚更

いちいち細かいことなどは気にもせず、鈍感太々しいくらいの方がちょうどよいのであろうと推する。