旧友

 

小学校からのお友達。

もちろん、今も友達。

とても大好きで、尊敬している友達。

 

彼女たちといると、本来の自分を取り戻す。

なにもない自分も、無条件に大切にしてもらえる。

じんわりと魂があたためられるのを感じる。

 

そして、思う。

 

ああ、わたし、なんだかすごく疲れていたんだなあ…。

 

 

Happy?

 

お嫁さんになったことに惚けていていんだよ

何もない自分で居られる場所を見つけたんだよ

これからは、気負わずに、楽にゆっくりでいいんだよ

誰かが教えてくれました。

 

けれど、“ 居場所 ” というのは絶えず、自身が見出さなければならないということを痛感します。

私はまだ、息を切らしています。

 

More slowly …

そこ行くお嬢さん

誰かのために無理しないで

我慢ばかりをしないで

人を嫌いにならないで

一人で頑張りすぎないで

心の余裕こそ、すべてのHAPPYのもと。

 

 

 

早朝もはよから東北から、兵庫の姫路へ。
「あんた、早よ、いい人見つけなさい。男と女、ふたつで、ひとつ」

そう、ぽつりぽつりと諭してくれていた祖母に、いよいよ結婚の報告をするために。

どれだけ遠くに住んでいても、季節に一度は会いに行こうと決めていたのに、起業してから多忙でつい一年があいてしまった…。

前回の別れ際に笑顔を見せてくれていた祖母は、より小さく小さくなり、指輪をみせようとしても、瞼を閉じたままだった…。

 

近畿南部は警報がでるほどの、春の嵐
花を散らす雨にも、ちゃんと、役割があるんだなあ…。

 

 

浅田真央さん引退

 

尊敬していました。
演技に失敗した時の、立ち上がる視線と背中が大好きでした。
気力をなくしたときこそ、いままで気付かなかったチャンスがあると思います。
彼女の決断をリスペクトし、お幸せを心から祈っています。

 

 

〝ほっほー

 

ほっほー

ほら、やっぱりね

ほっほー〟

 

引越しの今日も、山鳩が鳴いていた。

 

それで、思い出した。

そういえばこの部屋に越したとき、

窓の外でつがいの山鳩が迎えてくれた。(2014/06/08/やったーご参照)

 

やっと以前みたく、素敵なメッセージを受信できるようになってきた。

 

 

よく

 

気がついて、人の気持ちがわかる方ですね。

 

その、いっけん誉れともとれる性質は、

社長秘書やら、子どもらをケアする仕事なんかをする際には幾分役立ったが、

その他の場面では、下手すれば骨折り損どころか骨の髄まで食いつくされるのがオチである。

 

こと、結婚生活においては尚更

いちいち細かいことなどは気にもせず、鈍感太々しいくらいの方がちょうどよいのであろうと推する。

 

 

広げる作業

 

もう随分ながいあいだ、ひとつだけを守ってきた。

傷ついたら、きゅっと小さくまるまって、

痛みをこらえて癒してきた。

 

いつものようにしていたら、

もうひとつを放ったらかしにしていることに気がついた。

 

縦の糸、横の糸、織り成して布となり

いつか誰かの傷を癒せるかもしれないという、うたがある。

 

まだ、ハンカチの大きさもないこの布だけど

まずはハンカチの大きさから、はじめていこうと思う。