さんざ

 

苦労した母が、

「あんたたちがいたから、なんとかやってこられた」

と、口癖のように言っていた。

 

それは、なんていうか、

母に苦労をかけた我々と、

自身の苦労に対する慰みなんだと思っていたが、

 

その言葉はどうやら本当であったようだ。

 

母の境遇に似た特別な女性が、同じことを言っていた。

 

まだ分からない、

一生分からぬかもしないことに、少しの悲しみを覚える。