やまんなか

 

で道に迷って、

道を尋ねにいった古民家に、文子ばあちゃんと飼い犬のメリーがいました。

文子ばあちゃんは、この先は行き止まりだっていうことと、戻る道順を教えてくれて、

おまけに、たくさん大根がとれたから持っていきなと持たせてくれました。

 

きんぴらと、酢漬け、鳥手羽の煮付け、しそサラダ、和風ハンバーグ…文子ばあちゃんの瑞々しい大根は、何につけてもご馳走でした。

 

あんな山奥の細い崖沿いの道で、お買い物いくときなんか大丈夫かな…

お元気かな…

 

メリー、文子ばあちゃんを頼んだよ。

 

そう、お祈りするのでした。