さくら

 

さくらの つぼみが ふくらんできた
と おもっているうちに
もう まんかいに なっている

きれいだなあ

きれいだなあ

とおもっているうちに
もう ちりつくしてしまう

まいねんの ことだけれど
また おまう

いちどでも いい
ほめてあげられたらなあ…と

さくらの ことばで
さくらに そのまんかいを…
まど・みちお さん作

 

 

この詩を胸に、

今年の桜は、99歳になる祖父の車椅子を押しながらみる。

 

 

あっ

 

ついですね〜

 

こりゃあもう春ですね〜

 

桜の木もピンクになってきました。

 

蕾になったんですね〜

 

 

Message

 

ほんとうに、人は素晴らしいメッセージをくださる。

 

忙しくて大変なのに、私の至らぬところを助けてくれる、チームメイト。

 

悩みながら進もうとする、その門出に立ち会わせてくれる人。

 

私の過去にまで、光をあてようとしてくださる人。

 

傷つきながらも、変わらず愛を与えてくれる人…

 

 

「よいチケットがとれたから、是非あなたにも聴いて欲しい」と、運命を繋いでくれる人。

 

その先に、〝ああ、人生のうちに出逢えてよかった〟と思わずにはいられない、素晴らしい人生をステージで表現される人。※画像

 

 

人に感謝し、生きることの方が

 

こんなに幸せであたたかい。

 

 

Message

 

先週のある朝、

メールとともに『arigatou』というファイル名で音楽データがとどいた。

 

なんでしょう♪  と思って聞いてみたら、なんだか聴いたことのある…

 

『紫陽花のうた』(私の曲)がそれは美しくアレンジされ、

なんとも優しいピアノの音色で奏でられていた。

 

『いい曲で頭から離れない』といって、

ご多忙でお疲れのはずなのに、弾いてくださった…

 

びっくりするほど美しくて、優しくて…

 

ああ、私だけが聴いてるなんて、もったいない。