みなさん

 

ライブ参加のお申込みありがとです!

はじめて聴きに来てくださる方もたくさん♪

嬉しいな♪

and

どきどきするなっ…ドキドキドキ

 

たまには、いままでにない(リクエストをいただいた)私もお見せしよう

なんて思ったけど

どうしよ、どうしよ

だなっ…ドキドキドキ

 

もうすぐだっ

 

パワーを集めなくちゃっ

 

 

 

消え入りそうな

 

そんなとき

 

『ばかちん!

ちょっと一言電話でな』

 

話してもらった

その声と、笑い声と、その言葉で

 

魂の色を取り戻す。

 

 

『でも傷ついてるんだよ、貴方、深いところで』

 

心を取り戻す。

 

 

ああ、わたしは

 

信友がいてよかった。

 

 

 

買ったばかりの傘を用意して

 

お気に入りの曲をかける

 

 

今朝は、Bank band の 〝糸〟

 

心が震えて、泣きそうになる。

 

 

ライブ前の感性は上々…。

 

 

昨日は

 

バイオリンとチェロの音色に、優しく抱かれた1日でした。

 

幾重もの音から人のぬくもりが伝わる

 

その喜びをひしひしと感じておりました。

 

幸せでした♪

 

 

立つ鳥

 

跡を濁さず

とは、よくいったもので、

例えばうちの父親がこの世を去る前

「おまえらと焼肉が食べたかった」

などと言い残したもんだから

散々、極道した父のイメージも幾分可愛らしくなった。

 

要するに、

人は記憶に残る去り際こそ、大事なのではないかと。

 

責任を果たすべきところには責任を果たし

応援してもらったなら最後までベストを尽くし

愛した人にはきちんと愛を伝え

 

例えどんなエンディングシーンでも

自分がどうありたかったのか

本質を、見失わないように。

 

そんな気持ちでいま

私は電車に乗っている。

 

 

わーい

 

雨だ♪

 

ウグイスないてる♪

 

おやすみの日の雨は好き♪

 

ほんとうの自由時間♪

 

 

それに、今日は親友のBirthday.

 

 

はっ

 

よよよ4日も過ぎてる、、、

 

とぶように時間が過ぎるといいますが

ショートカットされてるんじゃないかと思う今日この頃

大丈夫かな

今週末のレコーディング、ちゃんと声でるかな汗

家着いたらすぐ寝なくちゃっ

 

 

冷房が

 

効きすぎである。電車の中

 

席をご婦人にお譲りした

 

ら、

 

その私に席をお譲りくださった、紳士がいた。

 

日曜日なのに、ビジネススーツの若者…爽やかな笑顔…

 

(なんてこと!!)

 

レディ扱いに慣れていない私は、そんなそんなと手を振りながら赤面した。

 

ら、

 

そこにまた、別のお年を召したご婦人がいらっしゃったので

 

紳士に一瞬目配せして、

 

またその席を譲った。

 

かくして、

 

窓際に並んで立つことになった我々…

 

 

なんだ…

 

赤面した頬にちょうどいいじゃないか、冷房。