幸せ

 

って、

あーゆーとき、こーゆーとき。

わかる。

 

幸せのカタチって…

…わかんない。

 

なんでもカタチを求めようとすると

本質を見失うんだなあ

 

 

真夜中

 

AM3時

 

さっき起きたばかりだけど

夜は寝る時間だから、また寝る

 

いつも22時に寝ていた私

いつも正しいと思うことをしてきた私

いつも欲しいものが明確だった私

なんでも自分で決めてきた私

 

何も変わっていないようで

日々、景色は目まぐるしく変化していく

 

遠心力で振り落とされないようにしなきゃ

そう抵抗していた私が

一緒に回ってしまえば

さほど恐怖はないな、と思う

 

大人になるって

こういうことなのだろうか

もしかしたら

生きるって

こういうことなのかもな

 

 

あー

 

I don’t know what to say…

 

 

ポールの洗礼を受けてきました。

 

すっごいことだと思いました。

 

天国の父とも繋がったような気さえしました。

 

終始踊りまくりでした。

 

なんちゃって英語で歌いまくりでした。

 

一緒に歌えるなんて、夢のようでした。

 

チュッチューレチュレチュレ

 

じゃなくて

 

ジュード〜

 

って言ってるんだってことを

 

みんなが教えてくれました。

 

へぇ〜

 

知らずに歌ってたよ

 

観にいけてよかった〜

 

感謝!!

 

 

 

窓をあけると、

 

すごい陽気な音階とリズムのある

鳥の声が聴こえて参りまして

(めちゃくちゃ歌ってる)

ピアノで音を探るのだけども

どうしても音が見つからない

 

そんな、一日のはじまり。

 

さ、準備しよ。

 

 

やばい

 

ポールマッカートニーがきた。

 

そりゃあ、もちろん

洗礼を受けに行くっ

 

チュチュールチュルチュレ

言う。

一緒に。

 

 

ちょいと一曲

 

セッションして帰りませんか?

 

そんな、有難いお言葉をご辞退して帰ってきました。

 

なんだか…人前で歌うことは、ちょいと、じゃいかない、私なのでありました。

 

 

なんだか、

さっきの『The nearness of you』の流れで、

ベッドミドラーの『When a man loves a woman』が聴きたくなって

 

聴いていたら…

魂の叫びをきいていたら

魂の叫びがきこえてきて

曇り空がにじんできやがって

 

ぽろぽろぽろぽろ

私にだけ雨が降ってきやがって

 

 

昼間っから

 

さーせん。

 

ま、JAZZだからしょーがないね。

お酒がないとね。

今度サポートしてくださる方のライブ。

 

いつもいつも思うことだけど

音楽できるすげー人は

たっくさんいるんだよなー

てか

串刺式ってゆーか

はびこってるってゆーか

支配してるってゆーか

 

音楽の力は偉大だなあ。

 

そろそろ、JAZZもしっかり肌に馴染んできたなあ

知らない曲ばっかだけど。

 

『The nearness of you』だけ覚えた♪

 

 

なんさかさあ

 

自分の住んでる建物に

BS入るの知らなくてさあ、いままで

 

いま『笑う洋楽屋』みてなんだけどさあ

こーゆー、アンダーグラウンドなブラックユーモアなだらだら〜っとした番組好きだなあ、懐かしいなあ

と思ってね。

なんか、やってる番組がみな面白くてさあ

やることいっぱいあんのに

困ったなあ

てね。

 

 

目に

 

青葉、

山ほととぎす、

海鰹

 

…ん?

 

「目に青葉、山ほととぎす、初鰹」か。

 

青葉がキレイʕ•̫͡•ʔ♡*:.✧

 

 

ええ、ええ

 

わかっていますよ

女がひとり

夜の映画館にふらり

「シンデレラって公開まだですか?」

って尋ねていることも

こうして、こんな写真を撮っていることも

あれだって…

 

今日はまっすぐお家に帰りたくなかったの

別世界にいきたくなったの

なにか…思い出さなきゃいけない気がしたの

 

そっかあ

どうしよっかなあ…

 

 

 

また雨

 

 

雨の日のコーヒーがうまい

 

民生さんも歌っている

 

間違いない

 

 

人生はそうした積み重ねなのだ