なんだろーな

浅田真央さんのドキュメンタリー番組を拝見していましたが、
私はほんとうに、
もがいている人の姿が好きだなあ・・・
私が真央さんのファンになったのは、2008年3月21日。
(ほんと、こういうときブログって便利♪)
日本中の期待が集まる中、一番最初のジャンプで大きな転倒があって、その後の演技はもうダメなんじゃないかなんて、こちらも頭が真っ白になってしまったとき
再び立って真っ直ぐに戻っていく華奢な背中が、すっっっごく凛々しくて
まるで「こっちよ!」ってみんなを導いているみたいで
もう・・・そこで完全にハートを奪われてしまいました
この人、(この先何があろうとも)ぜったい大丈夫!って思いました。
たとえうまくいかないときがあったとしても、不器用でも、ときに格好悪い姿にみえたとしても、むしろその逆で
苦境に直面したときほど本質がでると思うんです、その方の。
逆境に立ち向かおうとするその姿に、私は魅了されてしまいます。
この人、〝ぜったい大丈夫にする〟んだろうなあって、その力を疑わずに信じられるというか。
『挑戦は勝利よりも尊い』
ほんとうに、その通りだなあって思いました。

詩を

読んでココロやわやわになる

シールド破れる

アンテナのびる

勝手に交信はじめる

ムムムム……

空に叫びたくなる
ボケーーーーーーーーーーーーーッッ
写真 1.JPG
もうええわ中断
カフェにコーヒー飲みにいこ(= =)

まど・みちお さん

ああ、なんかさみしいなあ
いわさきちひろさんの絵を、こどものときにみたとき
ああ、このおとなは私の気持ちをわかってくれている
とおもいました。
何もいえなくても、さみしいんだろう、かなしいんだろうって、わかってくれていると。
a0134688_16521749.jpg
まど・みちお さんの詩を読んだとき
このひと、おんなじことをおもってくれている
とおもいました。
そうそう、人間が人間のためにつくったこんなおおきなもの空にとばしちゃって、おおきな音も。いつか神様や地球にしかられるんじゃないかと私もいつも不安でした。同じふうにおもっている人がいて安心しました。【ひこうき】
そうそう、誰が考えたか、「まめ」は、「まめ」の名前がぴったりです。それ以外ないってほどにぴったりです。名前にも、ちゃんと自然の摂理があるのかもしれませんね。【まめ】
そうそう、けしゴムはすごい。なんでも消してくれながら、自分が小さくなって、いつかきえてなくなっちゃって・・・でも、正しい、ほんとう、美しいものだけを残してくれるんですよね。【けしゴム】
そうそう、時間の流れはいつも一方通行で悲しい、侘しい。だけど、そうですね、夕方からいきなり朝にならないように、6年生から5年生にならないように、どんなに小さいことでもまちがわないように、私たちを運んでくれているんですよね。【知らないまに】
そうそう、わたしも、セミのぬけがらをみて、ぬけがらなのにかわいそうにってつぶやいたおばあちゃんの気持ちがわかるようになりました。きっと、おばあちゃんになったら、もっとわかるようになるんだとおもいます。【おばあちゃん】
そうですね。えらくなった気でいるひとは、いつもえらそうにすべて自分の力でやったとおもっています。そんな人にならないようにならなくっちゃ。【あの橋をつくったのは】
そうですね。欲ばりだと、相手のほんとうがいつまでたってもみえてこないんですよね。やぎさんたちのことをちっとも笑えないです。【やぎさん ゆうびん】
そうですね。犬はちょうど犬くらいに、雀もちょうど雀くらいに、タンポポもみんなそう・・・ちょうど自分がして貰えるちょうどに喜んでいるのに、私たちだけですね、もっと、もっとといっているのは。【喜んでいるのだろう】
そうそう、わたしもいつも、そうなんです。ああ、もう芽が・・・ああ、もう花が・・・と、過ぎる時ばかりを感じているうちに散ってしまう。だから私もまんかいのときに、ちゃんとほめてあげることにしたんです。あなたの詩を読んでから。【さくら】
まだまだ、たくさん好きな詩があります。
この世界はなんて美しいのだろうと、おもわせてくれます。
あたまりまえのことを、あたりまえのこととして教えてくれる大人はほとんどいません。
だけど、強く、厳しく、優しく、ありのままに、感じたままに伝えてくれる
そんなひとのことばだったから、胸につんと響くんだとおもいます。
まど・みちおさん
私が、さいたまの子どもたちに朗読を教えていたとき
こどもたちに、詩を朗読させていただきました。
こどもたちは、もっと、もっときかせて、といっていました。
現代にいきるこどもたちのこころにも
ちゃんと届いていましたよ。
わたしも、そんなおとなになりたいです。
ありがとうございました。
20140228_134609_0.jpg

冷静に

今日やることを頭で整理しながら
わたしいま、いったい何足の草鞋(わらじ)を履いてんだ・・・?と指折り数えてみた
メガイエローの たなかえりちゃんと、このあいだ近況報告しあったとき
「がんばってんだから、たまにはカラダとココロゆっくりさせてあげて。歩みをとめられないのはあなたらしいけど」
などと、呆れられ、本気で心配してもらった。
なんでだろう・・・けっこーボーッとしてるんだけどなあ
考えてみても、やんなきゃいけないし、やりたいんだからしようがないなあ
生かされてんなあ (いろんな意味で)
なんて
ベッドからバサーッと起きてみた
カーテンあけた
なんだ、まあまあ晴れてんじゃん
ハレルヤ!
image.jpg

雨の日は

20140227_220752_0.jpg

楽器弾けるチャーンス♪ (フツーのマンションだけに)
怒りも苦しみも寂しさも切なさもぜーんぶ
うたは優しさに変えてくれる♪
楽器みたいに、優しい人になりたいなあ・・・♪
♪ – Chara – あれはね

D C B B♭・・・コード適当♪

雨だから

お寿司が食べたくなったので、
つい出前をたのんでしまった。
自己嫌悪に陥っている。(こんな雨の中配達させるなんて)
だからといっていまさらキャンセルしても迷惑がかかるし
私はなんて思いやりのない人間なんだ・・・
_| ̄|〇 ||||||

にゃひん♡

20140227_130238_0.jpg

さくらフレーバーラテ♡
道端でスタバのお姉さんがくれたー笑顔もくれたーわーい♡
\(^o^)/
さあて、
ランチする予定だった友達もお仕事でダメになっちゃったし
代官山でもお散歩するか
帰って打ちっぱなしいくか
確定申告するか
勉強するか
仕事するか。(= =)
ただ、
ひたすら来た道歩いてるつもりだけど
ないんだよねえ、目黒駅・・・。
ここどこだろ? (´・_・`)

都心のホーム

20140227_112538_0.jpg

がキライ
ひとりぼっちの気がしちゃうから、キライ。
ひとりぼっちで上京した17歳のとき、周りの大人の人がいった
こんなにたくさん人がいる街だから、ちっとも寂しくなんかないよ
それは「ちがう」って、いまならいえる。

ぼー

目、鼻、かゆかゆ、フガー
はやく保険適用になんないかなあ・・・舌下免疫療法 (副作用もないらしいよ)
はやく花粉と友達になりたーい
ってことはさ、
直接花粉、とってきて食べちゃいかんの?
(・ω・)
オブラートに包んで飲んじゃうってどうなの?
ちがうのん?

おはよう

ございます
うーん
今日の関東、しょんぼりなお天気です
でも、なんかいいことあるよ (・ω・)ノ
たとえば、ほら
お店でひとめぼれした、JUICYな傘
image.jpeg
いってらっしゃい (・ω・)ノ

ここのところの

陸人くんが
兄 : やきそば作れんの?
「つくり方、焼きそばの袋に書いてあるから」
「ジュース買ってくる」
ツボです(笑)(笑)
そうだよねぇ
大切な相手だからこそ、臆病になったりするんだよねぇ・・・
でもやっぱり、好きな人と少しでも一緒にいられることが何より一番幸せなのは
みんなそうなんだよねぇ
恵ちゃんがうらやましいです。(^^)
しかし、この脚本とキャスティング、音楽も、ほんとーに秀逸だなあ・・・素晴らしいと思います。
お腹すいたなあ・・・。

あぶないっ

ドラマ忘れるところだったっ セーフ♪
「僕のいた時間」
だんだん観るのもツライ感じになってきましたけど・・・
恵ちゃんがなにを尊重して、選択するのか、とても気になります
はっはっはっ はじまったっ

お返事

成長って
こころのままに感動すること
こころのままに探求すること
こころのままに愛すること
それだけでも
っていうか、それが一番
成長できるんだと思うよ。
ルソーも、フレーベルも、倉橋惣三もそういってる。
子どもに限った話じゃないと思うんだよ。
大人なフリしちゃうと、そこでストップしちゃうじゃん。面白くないし。
って、
ちょっとだけ自分を棚にあげていうけどね(笑)