ああ、そうだったんだ

20120630_190250_0.jpg
みんな、上手に歩いていく。
はみ出さないように、邪魔にならないように、人波にきちんと流れていく。
わたし、なんだか、そんなにうまく歩けない。
もうとっくに好きじゃないよ(とっくにっていつから)気を使いすぎだよ(どうしたら使わずに済むのかな)あまり考え込まないで(大事なこと考えたいの)きみは解ってくれるから(あなたは?)きみはこう思ってるでしょ(ちがうよ)ほんとうは何がやりたいの(わからない…よね)おまえはそばに来ないから(そばってどこ)きみは強いから大丈夫(どうして)
肩がぶつかるたんびに、怖くなって、嫌になって、疲れちゃって、
いつしか人通りのない路地裏でしゃがみこんでた。
もう、歩きたくないって思ってた。
もう、何処にも行きたくないって思ってた。
ああ、もう、ずいぶんとここで、
時間を費やしてしまった。
そこからじゃ、空はみえない。
そのままじゃ、好きな場所に行けない。
迎えに行こう。
20120630_190252_1.jpg

今日の

20120630_132658_0.jpg

お昼ごはん♪
だって、土曜日だから♪
隣りのカップルは、カフェの雰囲気にぴったりの外人さん。
らぁずべりそーどぁ えん ぶらぁうに
うーん、オシャレ♪
そうね、
外人さんと恋するのもいいわ♪

あさ〜

週末の電車はいい。
あの生き地獄のような満員電車ではないことが、いい。それだけで、幸せだ〜。
そのうえ、ありがたいことにわりと早くからシートに座らせてもらえた。余裕の各駅停車で、上流階級のお姫様みたいに本を読むことができる。幸せだ〜。
人間はシシュフォスじゃないよ。勝利や征服には何の意味もないんだ。努力することが人間の幸福なんだよ。ぼくは努力のできないたましいになってはじめて、そのことがわかった。がんばれよ、陽ちゃん。キミは努力のできる人間の肉体を持っているんだから。これからのキミの長い人生をかけて、ほこり高いシシュフォスになれよ。
『椿山課長の7日間』 浅田次郎 より
※シシュフォス…ギリシャ神話で、狡猾(こうかつ)なコリントスの王。ゼウスの怒りにふれ、死後、地獄に落とされて大石を山頂まで押し上げる罰を受けたが、大石はあと一息のところで必ず転げ落ちたという。シジフォス。シーシュポス。
いい天気だなぁ〜♪

みてるっ!?

BSで、斉藤和義さんの特番やってるよっ!!
去年の12月29日、
仲間からのプレゼントで、ロックイベントに連れていってもらって、
斉藤和義さんみて、
うぉ~~~~って、
吠えたよね!!
もう、心の芯が熱く熱くなっちゃって!!
朝から晩まで、会場に座り込みながら根性のロック漬だったその日。
もう、音が止んでもガンガン耳が鳴ってるくらいの、バンドエレキテルな流れの中、いきなり
アコースティックギター一本持って、
すっと立って、
歌いだした男性アーティストがいた。
不器用なMCと、突き抜ける歌詞と意思と音。
会場を埋め尽くして立つ人々を硬直させてしまうほどに。
♪ずっと好きだったんだぜ~♪ を、
♪ずっと嘘だったんだぜ~♪ と歌って、
世の中の理不尽さへ強烈に、そして純粋に、堂々と思いをぶつけていた。
俺ん中で一番ロックだったさ!
これこそがだぜ!!って思ったさ!
当時、私は、死んだような目をした大人たちと、行き場のない思いを抱える子供たちの世界の狭間にいた。
その時、思ったんだよね。
“子供たちにみせたいのは、こんな大人だ!!”って。
そして、
“私が居たいのは、この狭間なんだ!!”って。
そんな答えをくれた人。
いつか会いたいなぁ。会いたいなぁ。会いたいなぁ。
もっと、強い心になってから。

いいこと

いいことを思いついた。
「毎日、施設の白い天井をみることしかない」と、思いつめていた祖母に、何かできることはないのかと、ずっと考えていた。
どうがんばってみても、東京から兵庫、顔を出せる頻度にも限界がある。
ベッドの上ですら、自ら身体も動かせない祖母は、もはや送った手紙も、本も、テレビさえ、自分でみることができない。
そこで、思いついたのは、朗読。
そんなに難しいことではない。
毎日、できる範囲で本を読み、それを録音して、ある程度溜まったらCDに焼いて、施設の住所へ送る。
それなら、寝ているだけで祖母は物語を楽しむことができる。肉声というだけあって、離れていても唯一温度を伝えられる術でもある。
そして、施設のスタッフさんの手間といえば、イヤホンを装着してもらい、スタートボタンを押してもらうだけだ。後は、途中で祖母が寝ようが、CDプレイヤーの再生が終われば自動的に切れる。
あとは、英会話教材のように更新されては(私から)届くCDを、スタッフさんに入れ替えてもらうわけだ。
そこのところは、お友達のスタッフさんにお願いしようと思っている。
その施設には、学生時代の先輩が勤務されており、非常に心強い。当時、2年という学年差は大きく、口をきいたこともない先輩であったが、シーズン毎にゴロゴロとキャリーバックをひいて東京からやってくる私を、その都度あたたかく迎えてくださり、
「まだシングル?」
「まだシングル!」
「まだシングル?」
「まだシングル!」
という、お決まりの会話をするうちに、仲良くなっていた。一度、一緒に呑みにいこうと話しているのだが、いつも私が強行スケジュールなものだから、未だかなってはいないけれど。
なんといっても、毎日朗読するという行為は、滑舌があまりよろしくない私の修行にぴったりだ。一石二鳥いや、いつも気がかりだったことの気休めにもなり、祖母と繋がっているような気持ちにもなり、一石三鳥以上だ。
「天国に行くのが怖い」と言っていた祖母に選んだ本は、お馴染み浅田次郎さんの『椿山課長の7日間』にした。
早速、積み上げられた本の山を探してみたが…ない。
いつも実家に帰るとき、おすすめの本は母の部屋に置いてくるため、母に電話で確認したところ、新幹線で退屈するという叔父(母の兄弟)に持たせたという。役立ってくれたのはうれしい。
しようがないので、近所の古本屋に行ったが、お目当てのものがない…。替わりに手にとった本のページを何気なく繰ってみれば、こんな一節があった。
「結論は、もうとっくに出ているのではないかね。責任の自覚、そして勇気。結論はすでに、君自身のうちにある」
「勇気だと?ー」
「そう。それさえあれば何もいらない。勇気だけが、歴史を作るのだから」
『日輪の遺産』浅田次郎 より
まるで、『あたしのことより、あんたのことを優先しなさい』と、祖母からあたたかいメッセージを送られたような気がした。
そういえば…
昨夜の私の結論(一つ前の記事)に至ったのも、本の中の言葉が手伝ってのことだった。
その本を読み終えたとき、ふと、『みせパン』の一連の出来事が頭に過ぎり、妙に目の前の霧が晴れたような気がした。
わきめもふらず、一途に。誰に何を言われようと、愛想をつかされようと、君の人生なのだから、ひたすらひとつのことを、一途に。いつまでもどこまでも、君に才能を与えて下さらなかった神様が、不憫に思って何とかしてくれるまで。
花実双美。花も実も双つ美し。ー
「見飽きぬ花」などそうはないー。
幸福を約束するもの、あるいは広義での人間関係を保証するものが、「食いつくせぬ果実」であることをわれわれは忘れてしまった。
『ま、いっか。』浅田次郎 より
このように、本を読むことは素晴らしい。
寡黙に無機質にそこに在るようにみえて、過保護なほどに惜しげもなく限りなく、本はいつも
“いいこと”を教えてくれる。

image.png

みなさま

20120628_111258_0.jpg

こんにちは。
ただいま、とある街のカフェからお送りしております。
カフェにおりますこと一時間ほど。少々眩暈をおこしており、店をでようかどうしようか迷っております。
というのも、店内中に響き渡る、お昼間奥さまたちの話し声、笑い声、韓流話。
もうね、私、大変失礼ながらよくよく存じあげなかったのですが、
東方神起のみなさまの、名前、性格、長所、短所、家庭環境、出演作、毎度のライブ情報、好きな女性のタイプ、グループで抱える問題、お金の問題、マネージメントの良し悪し、ファン同士の派閥、テレビの映し方云々…
恐らく、店中のみなさまが、ここで知るよしもなかった情報を否応なしに得ることになったと思われます。この私を含め。
しかし、この、傍若無人ようはいったいなんなのでしょう?集団催眠のなせる技でしょうか。
お隣りの、しゅっとした(恐らく)女性誌のライターさんであろうお姉さんは、あからさまに両耳を指で塞ぎながら、机上の原稿と睨めっこしています。残念。仕事をはかどらせるためにここを選んだのでしょうが、本日に限っては選択ミスです。
そんな周りの様子を知ってか知らずか、より熱をおびて奥さまたちの話は盛り上がるばかり。
「いやぁ、あの子はお金に苦労してるから、そういう生き方になっちゃうんじゃなぁい?」
「ううん、飽きっぽいのよ〜」
オカンかっ
業界人かっ(笑)
いやぁ、でも、このような方々が、私たちのような職種を支えてくださっているのでしょう。
そのキラキラと輝く瞳で、日頃のうっぷんを蹴散らしているんでしょう。
素晴らしいではないですか!
私も、こんな夢いっぱい胸を熱くするものがあって、お昼間にお茶会できる奥さまになりたい!
しかし、まぁねぇ、東方神起のみなさんは、ここで「へぇ、大変そうだなぁ。性格も実はちょっとあれなんだぁ。こんな奥さまたちが、コンサートにはいっぱいいるんだろうなぁ。」などと、さして興味ももたれていない人たちに同情されているとは思わないでしょう。
店を出ようか、出まいか…。
こちとら、ケチっぽいようですが、このコーヒー一杯の値段で、短い時間をいかに有意義に過ごせるかの場所(席)も一緒に購入しているのです。また店を探し、飲み物を買うのも生産性がないってもんです。
昨日のみなみねぇの話…。
人にぶつかろうと謝りもせず、我が物顔で闊歩していく人。
その不快感を諦め、消化し、それでも相手を思いやろうとする人。
世界は、その理不尽のもと成り立っているのだろうか。ゆくのだろうか…。
私のことを思ってくださる心優しいみなさん。
どうぞ、街で私の噂をするときは、よい噂をメインでお願いします。
そして、できましたら、
まぁ、その東山なんたらさんのファンの方って、よい雰囲気の方たちばかりなのね。さぞかし、そのご本人もよい方なんでしょうね。
と、
ちょっと傲慢ではありますが、そうなれば、願ったり叶ったりでございます。m(_ _)m
ま、
これらは、そういった関係に限らず、だと思いますが。

今日は

20120627_225635_0.jpg20120627_225637_1.jpg

高山みなみさんと一緒に、三谷幸喜さん演出の『桜の園』を観劇してきました。
びっくり!
昔、舞台で共演したことのある役者さんが出演されていて、驚きました!
みんなほんとに、がんばってるなぁ!と、実感させられる今日この頃。
横で、「いーじゃん、いーじゃーん。その感じ〜^^」と、みなみねぇ。
ほんと、お見通しで…オイラ無言になっちまいます(笑)
なにも言わなくてもいい人がいるって、楽だよね。ありがたいよね。
「最近さぁ、やたらと、歩いていて思いっきりぶつかってくる(謝らない)人多くない?なんで、こんな世の中になってんだろうって考えると悲しくなるから、“ああ、みんなコミュニケーションとりたがってるんだなぁ”って、変換するようにしてるの」
同じ感覚もってる人と一緒にいるのって、うれしいよね。ありがたいよね。
ありがとうございますがいっぱいのデートでした♪

へぇ

メーテルのひみつ、知っちゃった黒ハート
ありがとうございます!^^
思ったよりたくさんのお返事をいただいたので、とてもうれしかったですハートたち(複数ハート)
Wikipediaに載ってますよ、Yahoo知恵袋にあったのですが…なるほど、その手がありましたか(笑)
すみません、つい、TVCMに言われるがまま書店に向かってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
ほぉぉ…へぇ…
背負ってるなぁ、メーテル…。
それにしても、
メーテルのお母さん?なんかえらく壮大な難しい野望もってる人だったんだねぇ…?
なんでこんなに気になってしまったかというとね、小さい頃、メーテルが嫌いだったんですよ。
なんていうか…、てつろうが一生懸命メーテルを笑わせようとしてるのに、ずっと暗い顔してるからさ。
お母さんに暗い顔されて、不安になってる子供の心境になっちゃったんですよねぇ。メーテルから学ぶねぇ。
さて、
いまからおデートなのるんるん
好きな人が待ってる渋谷へGoグッド(上向き矢印)
『そろそろ麻美さんの歌声を聴く季節です。』
うんっ
メッセージありがとう!ぴかぴか(新しい)

みなさん

20120626_184653_0.jpg

今日もお疲れさま〜 (^^)
私はもうひとふんばりして、
明日のお楽しみに備えるの♪
てか、
メーテルが喪服の理由よぉ!
だれか、Contactのページの事務所のアドレスから答え教えて〜っ 転送してもらうから〜
もう辛抱たまらんっ
お昼に本屋さんにいって、ちらっと立ち読みしたけど(ゴメンなさい!) 書いてなかった!きっとDVDの方に入ってるんだわっ
なにかメッセージも一緒に書いてくれたらブログでお返事するからぁ
教えて〜
全編借りてみりぁいいじゃんって?
ダメなのよ…小さい頃ちょっとみて、なんかすごく恐怖でみれなかった記憶があんのよー
でも、気になるのよぉ
よろしく〜♪

今日で

もう、3年も経っちゃったんだねぇ
マイケルさんが亡くなってから。
早いなぁ
そういえばhideさんも5月に天国にいっちゃったんだよなぁ
早いなぁ
早いなぁ

やばい

20120625_180753_0.jpg
20120625_180755_1.jpg20120625_180800_3.jpg

やばいなぁ…
たまたま通りかかったショップの水槽の前でフリーズしちゃった。
魅せられてしまった…ぴかぴか(新しい)
コケに。
苔に。
美しい…
なんて癒されるんだ…
やばいよねぇ
やばい方向いってるよねぇ?
アンガールズさんの方向いってるよねぇ?

朝から

泣かせるぜぇ
昨日のブログを読んでくれた親友が、
メッセージを送ってくれた♪ (向こうマドリードは深夜だってのに)
『朝からすまぬ。思ったんだが、
相手の言ったこと、当たってるけどハズレでもあると思うな。貴方、恋すると素直で馬鹿だから、怖いってより、可愛いと思われると思うよ。褒めてんだよ、すごく!笑』
そうか♪
そうだったぁ〜〜〜♪♪
*:.。..。.:*・ヾ( ´ ▽ ` ) ノ・*:.。. .。.:*
きゃひん♪ きゃひん♪
(・・?)
恋でかしこくなりたい…( i _ i )
でも、
元気でた〜♪
*:.。..。.:*・ヾ( ´ ▽ ` ) ノ・*:.。. .。.:*
いってきま〜す♪

真夜中の

『夜霧よ今夜も有難う』
なんか聴きたくなった。
その日のことは、その日のうちに。
むくっとベッドから起きて、PC起動、YOU TUBEで検索。
おお~っ
さすが、やっぱジャジーだぁ♪(ひとつ前の記事参照)
♪しのびあう恋を~ つつむ夜霧よ~
知っているのか~ ふたりの仲を~♪
♪晴れて会える~ その日まで~
かくしておくれ~ 夜霧~夜霧~♪
おお~
大人だぁ…(って、めっちゃ浮気やん。あ、そうとも言えないか)
ほんとに…
かっこいぃなぁ!ゆうちゃん!(石原裕次郎さん)
それを真夜中に聴いてる私も、ちょっとかっこいい気がするぜ
横にでっかいワイングラスが欲しいなぁ(本家はブランデーだっけ?)
すきっ腹だから無理だけど。
なんというか、
世代を超えてというか…
作品ってのは共通だし、
人も共通になれるんだなぁ。
よし!
今度会ったら音楽の話だっ♪
ぐんない、ゆうちゃん!