ヨムヨム

20111031_233334_0.jpg

昨日の収穫。の、一部。
スティーブジョブズさんの本を買った理由は、
『ほんまに人に愛される人やったんかぁ・・・?』
という、屈折した思いからであった。
かくいう私は元々リンゴユーザー。
なぜって、はじめて所有したPCが友達のお古で譲ってもらったiMacだったから。
その後は、iBook。やっぱ、あのポップでシンプル、スマートなデザインには惹かれるやね。
そこまではよかったが、Mac OS X になったとき、OS 9 で使用していたアプリケーションはClassicなる環境でないと稼働できんとかで、この環境がまた起動に時間はかかるわ、しょっちゅうフリーズするわで・・・
なんとユーザー想いでないことか!ごうまんちきな!(というわけで、あっさりWindowsユーザーに転向)
そんな体験や、
うちの伯父が昔アップル社に勤めていて、現在は外資系半導体会社の代表をされているのだけど、
その伯父が私の顔を見るたんびにこう言うのだ。
「おまえみたいな情が厚い者ほど仕事ができんのだ」と。
あえてここで反論するつもりはないのだが、
これにより、この業界の方に対する多少の偏見もあったりして(笑)
『ほんまにそれほど人に愛された人物なんかぁ~??』
という疑問がよぎったわけで、
手にとってみたわけなのだ。
結局、
「カリスマ性のある人物」とは結果論であって、
やはり粛々と「努力家」なのだ、と。
えらそーに世界の大物を一言で片づけてみたりする。敬意をこめて。
ありがとう。iPhone 愛用してます。
冬のお洋服が欲しくて街にでたのに、
また本屋の魔力にとりつかれてしまった・・・。
しかし、今季
これだけで満足♪の品をゲーット!!(結局ネットで購入)
Flip Flops のショートブーツ♪
20111101_000834_0.jpg
これでどこまでも歩けるやぃ♪
本日、世界の人口が70億人超えなり。
我、求める人は一人なり。

ふら〜

っと
ほとんど無意識に入ったお店で
ほとんど無意識に指差しオーダー
神戸和牛のヒレステーキ(ミディアムレア)
本日、ひとりの夕食にかけた金額
2.980円也
間違いなくこの私

20111030_183752_0.jpg

肉食獣である。

飲みにいこーよ!

「あーはいはい、あんたいくつよ?20歳になったらねー」
「まみちゃんと話せたらぜったいおもしろい!成人したら一緒に飲みにいきたいー」
「お~いいねー」
そんな会話は日常茶飯事。
そんな会話に、ご立派な大人たちは『んまっ』と眉間にしわをよせる。
確かに、教育現場ではあるまじき会話かもしれないが、そのやり取りにはちゃんと彼らの空気を読んで教えも組み込んでいるのだ。
学校も行かず働かずでバイクを乗り回している彼らには、
「あんたらが稼げるようになったら付き合ってやってもいいよ~」といい、
一生懸命働いている彼らには、
「出世したら一杯おごってね~」といい、
早く大人になりたくてうずうずしている彼女たちには、
「成人したら思いっきり飲めるねぇ~」と、大人になる楽しみとそれまでの我慢を。
「しかしだなー、こ こ で はその会話なしね!」
と、『ちゃんと』が好きな大人の前では、空気を読んでわきまえないと損するよってことも伝える。
サシで飲みにいきたいと思ってくれてるってことは、子供たちに人間的に認めてもらえた証拠だって思うから、私は素直にうれしい。(彼らと飲みにいけるの、いつになることやら・・・)
でも
「私には、彼氏とまみがいればいい。それで生きていける」
その言葉に、どきっとした・・・。
私は、できない約束をするのが苦手だ。思わせぶりなことも。
彼らの人生に、
嘘をつくことになるのだろうか・・・。
いま、
いまほんとうの気持ちでつきあっていることを、嘘にしないでもらえるだろうか・・・。

オフ♪

お医者さんにいく。
お薬もらう。
これでバッチリ。( ´ ▽ ` )ノ
おもむろに「IQチェック」アプリをダウンロードする。
やってみる。
何度やってもIQ100前後で『平々凡々』とか言われる。(こたえなし)
イラッとする。( ̄^ ̄)
おいしいロイヤルミルクティを飲みに行くことにする。( ´ ▽ ` )ノ
友達が今週末のユニコーンのライブに誘ってくれた。
どう考えても仕事だ。
悲しくなる。(´へ`)
ケーキも食べることにする。( ´ ▽ ` )ノ

ただいま〜ブィ~

20111024_223632_0.jpg

エナジードリンク!
これ、昔のソーダラップの味するな♪
目が回るような日々
今日が何曜日なのか、昨日がいつなのか、何が何なのか、あっという間にもう月末!はやっ
この分だと、突っ走ってお役目全うできそうだわ…
内容充実。
日々、子供たちの感受性に寄り添い、大人たちの話を聴き、
地域の人、小学校の先生、中学校の先生、高校の先生、養護の先生、大学の教授さん、保育士さん、社協の人、青少年課の人、こども未来部の人、議員さん…いろんな人たちと子供たちや地域の未来を考える。戦う。共に手をとる。
ふと周りの景色をみて、
「私って何者?」と、思う(笑)
正直、なぜかこんな私が、大変な仕事を任されている。不思議。だし、感謝しているし、人生って?私の将来って?なんて考えたくもなるが、その暇があったら、頭を絞り、目を凝らし、足を動かし、誰かのためにできる限りの時間を費やし、笑顔を待つ…この日々をひとことで言えば、
『幸せ』という。
だから、疲れていることも忘れる。
忘れちゃってるから、ふとした瞬間に、
バテるなう。
そんな中、昨日はね、「国変えたろか!!」と思うほど胸がかーっと熱くなることがあった。
地域の教育関係者や議員さんなんかが集まる議会があり、保育と学校現場の話をきく。
まず、保育現場のショック。
内閣府が2013年度の導入を目指している「子ども子育て新システム」なるものがありまして、現在問題になっている待機児童対策の一環だったりするんだけども。
その新システムの問題をざっくり(現場の人たちの言葉をお借りして)お伝えすると、ひとつが『直接契約』になるってこと。つまり、これまでは「利用者→国→園」という契約だったのが、「利用者←→園」になるという。利用者は、子どもを預けた時間分の利用料を支払うことになるらしい。
それの何が問題って、いま面白いことに私、現場の生の声をバンバンきける立場におるわけで・・・
「えーと、今日○人で○時間利用しただけだから、赤字だわ」
「利用者に選ばれるために、よそ(の園)よりサービスよくしないと」
「利用者が求め、園の売り(個性)になるような教育プログラムを考えないと」
保育士さんや理事長さんがこう仰いました。
「保育(保護し育てる)というより、サービスになってきているという危惧があります」
「先日、『とくダネ!』というTV番組で、詰め込み保育園の実態が特集されました。狭い敷地内に子供の人数が増え、スタッフの数は変わらず目が行き届きません。現場はまさしくあんな状態です」
がーーーーーん Σ( ̄ロ ̄lll)
私も観ました「とくダネ!」・・・。去年、私が実際目にしたあの悪夢のような光景・・・(トラウマ)
※下記記事参照
「2010年11月06日 ●オレンジリボン」
「2010年09月01日 ●いやー…」
つまりは、あれがもっと悪化してきておるのですねっ Σ( ̄ロ ̄lll)
今度は小学校現場ショック。
指導要領が変わったと。「以前は6年生で習っていたことが、現在は4年生の教科書に出てくる。3年生までの比較的やさしい内容の授業を受けていた子に、いきなり古文なんか教えても理解できるかよ!と思います。」と、曰く先生。
そして、小学校も教科担任制を導入することに。いわゆる、小学校ではひとりの担任の先生が全教科を教えることがほとんどだったけど、中学校のように教科ごとに先生が変わることに。
「朝、元気がなかった子が、帰る時には元気になっているな。とか、何かクラスで問題があれば授業をやめてホームルームをしましょう。なんてことができなくなってしまった。」と。それも、『学力低下問題の対策』らしい。
そして、「放課後がなくなった」という。
ほとんどの子供は塾へ行く。教師は事務作業に追われる。学校を出るのはいつも19時。それから帰宅してもなお書類作成などの作業に追われる。教師も子供も余裕を失くし、”時間と評価”のもと管理されてきている。
もう、『子供を見守り、育てる』なんて
できやしないじゃないかーーーっ Σ( ̄ロ ̄lll)
私がいまやっている(やろうとしている)ことの逆流・・・。
そして、保育、小学校とも同じ問題としていることが『早期教育』。
「いまの子供たちは、泥んこ遊びができない。」
「小学一年生で、もう英語を知っている。でもハサミや糊を上手に使うことができない。」
「放課後、ほとんどの子が塾へ行き、授業をすれば『それ知ってるよ!』という言葉が飛び交う。」
ああ・・・
ますます早期教育の恐怖 Σ( ̄ロ ̄lll)
9歳までの子供は、遊びの中で成長する必要があるというデータもあるのに。
※下記記事参照
「2011年08月24日 ●じ~んせい」
深刻不安そうな保育士や先生方の顔を見ていて、私は思うのです。
現場で日々、子供さんや親御さんと向き合っていて思うのです。
大人が元気じゃなくちゃ、子供も元気になれない。
それに、あの言葉が重くのしかかってくるのです。
『”儲け”の中では子供たちは育たない』
そして、またあの話がでてきます。
大手日本企業が採用した人数1,390名中、1,100名が外国人。そして残りが日本人(その中に留学生を含む)。その理由は・・・
日本人は学力があっても、人間力が成長していない。
ああ・・・本末転倒。
まったく、ちっとも本質をみようとしちゃいない。
お手軽ハリボテだらけ。
何を大切に?何を守って?誰ができる??
もう、
ボイス フロム ワタシ
Anger!

だから、

もう
ロープ・・・
朝、気のせいのようであって気のせいでない目眩
電車の中で、電車の揺れと反対の揺れ
家に帰ってきら椅子に前のめり
原因不明の筋肉痛
あれや、
ワンマンした後みたいや
バレー部の。
こうなったら、
飲んで寝よう
ハイボールふたくち。

今日は

20111020_213032_0.jpg

パパン(父)の誕生日。
命日は忘れちゃうけど(汗)誕生日は必ずギターを弾いて、パパンの笑った写真の前でハッピーバースデーソングをうたう。
ギターを弾くのが大好きな人だったからね、これが一番しっくりくる。
でも、思う気持ちは変わらないけど、もういないからね。
大事なひとは、生きてる(いる)あいだに大事にするのだよ。
ギターを(いっちょまえに)私が教えてる子どもたちには、必ずハッピーバースデーソングの弾き方を教えてあげるの。
これも簡単なコード、AとEとDのみっつだけで弾けちゃうんだよ♪
ばいにゃん。

くぞ~っ

数字、数字、言いやがって~(もとい)おっしゃりましよってからに~
金さえだせば(もとい)予算さえたてればもう施策を実践してる気になってからに~
数がなんだ!データがなんだ!事件は現場で起こってんだ!怠慢じゃないか!あったまにきた!
草の根根性みせてやるっ!!!
草の根運動してやる~~~~~~みてろぉ~~~がばめんとおぶざぴ~ぽ~ばいざぴ~ぽ~ふぉ~ざぴーぽ~じゃぁ~~~最後までやったるぞーーーおーーーっ

おめめくるくる

でも、
休めないのが芸能界と福祉のお仕事…なーんて(他の仕事もそうかもだけど)
信頼して会いに来てくれる人がいるのに、その相手がいないんじゃしょうがないもんねー。
Action!で元気いっぱいにもなれる!…まぁ役立ってるなぁ。
よっしゃ、行ってこよ!
みなさんも、まんでーもーにんぐ
がんばっていきまっしょい(^-^)/

焼き肉

食べたいぞーーーーーーーーーーーー
ハイジのブランコ乗りたいぞーーーーーーーーーー
アラジンのじゅうたん乗りたいぞーーーーーーーーーー
ビックマックとポテトL食べたいぞーーーーーーーーーー
北海道の大草原行きたいぞーーーーーーーーーーーー
仲間とかーーーっと飲みに行きたいぞーーーーーーーーーー
焼き肉
死ぬほど食べたいぞーーーーーーーーーーーーーーーー
発!!!!
熱!!!!

うれしいこと

私は、週に一度、少年少女とギターを弾いて歌っている。
彼らは学校に行けず、お家以外の自分の居場所を探している。
つーか、”生きるために”学校に行かないという困難で孤独な道を選択している。
まぁ、周りと違うことをするんだから、不安だわなぁ。(オラぁちとわかる)
私がやっていることは、正しいとか間違いとかじゃなくて、
いまのその子が選んだ道を、一緒に歩くこと。
ビジュアル系が好きだといった彼女が、
おもむろにギターを持ってって勝手に歌いだした私をみて、
私もギターを弾いてみたいと言った。
Aとか、Dとか、Eとか、簡単なコードから一緒に弾きはじめて、
いつの間にやら、4曲も一緒に演奏できるようになった。
そんなある日の今日、
「先生、私、学校に行こうと思う。」
ぽつりと小さな声で彼女が言った。
「おぅ、どうした?」と、私。
「夢があってね・・・私、検察官になりたいから、大学は法学部にいきたい。5、6年浪人してもダメだったら諦める。そのためには今、学校行っといた方がいいかなぁって。」
私、「おーマジか。そらすげーな。まぁ、なに?1、2、3、4、5…きみ、5年足しても21(歳)か!!おーーーーやっとけ!やっとけ!羨ましいなー」
なんて、重大発表もたわいない会話にしながら、
その実、ひじょーに私ゃうれしかったのだ。
みんな大変なのだ。誰かが決めたタイムテーブルの上にのっかって。
ほんとは、「ちょっと待って。考えたいの」って時もあるわけだ。
立ち止まるか、そのままのっかっていくかは、ほんとは個人の自由なはずなんだけど、
テーブルから落っこちちゃって失敗したみたいにされちゃうからなぁ。
でも、ちょっとひとりでゆっくり考えてみたかった子が、
ちゃんと時間をかけて考えて、自分で答えを出したとき、
やぁ、そりゃもう、うれしいやね。
ま、七転び八起きが人生だ。いっきにうまくいくわきゃない。
でもね、サナギからちょいと空を覗いた蝶々の姿をみたとき、
おーラッキー♪ハッピー♪サンキュー♪って思うやね。
うん。なんか今日はうれしかったなー。
まぁあれだ。
俺の背中を超えてゆけ、だ(笑)
低っ(笑)

だめだ~

ぐてんぐてんだぁ~
あれだ、
いつも飯のタネ魂のネタのため

例のごとく
ごろんごろんだぁ~
勉強したいっ飲みにも行きたいっ買い物行きたいっ
いかせろぉ~がぁ~限界じゃ~
子供たちを見ていて・・・
学校の職員室、
下駄箱、
校庭、
制服、
うた声が聞こえる音楽室の窓、
みて、
思う。
あの頃、
すんごい嫌いだった場所。
笑っていたけど、
居場所がなかった場所。
いま見てみれば、
うらまやしい(笑)
たっぷりの時間、
たっぷりべんきょして、
たっぷり本を読んで、
たっぷり悩んで、
恋なんかや、おしゃれも・・・
(余裕、なかったなぁ。)
とにかく、うらやましい。
ありがたくべんきょして、
ありがたく運動して、
ありがたく
楽しみ探しゃ~さんせ。
元気な笑い声が通りすぎる廊下で
すれ違う、そんなじぶん。