つーか

このままだと私、尼になるなっ
(ヘじゃないよ、アマだよ)
霞(かすみ)食って生きる尼になるなっ
尼どころか
霞になるなっ
(とにかくダメだなっ)
よし!
旅にでよう!!!
にんっ!

しあわせ

元気かな?
って、おもうことがしあわせ。
がんばって
って、おもうことがしあわせ。
どこかにいる
って、おもうことがしあわせ。
しあわせになって
って、おもうことがしあわせ。
たとえあわさらなくても
恋することって
やっぱりしあわせ。

手紙

20110830_204506_0.jpg

ひとつ、ひとつ、
力をこめて歪んでしまった文字の
手紙が届いた。
お一人暮らしで、
お体も不自由で、
いつも心配しているのは、私のほうだと思っていたら…
“LOVE ALWAYS”
手紙には、そんなメッセージが書かれていた…。
やだ
わたしのなかのこどもがでてきて
こまる…(涙)

なみだと

とびきりのえがおで、
『あなたに会えてよかった』
って、いってもらった。
人生のうちで、こんなに
もらっていいことばなのかな…
その度にいつも、
あたし、このまま消えちゃうんじゃないかな…?
って、思ってしまう。

GPS機能

ケータイで、
辿り着きたい住所を入力すると、
コンパスのハリがぴゅんと落ちてきて、
現在地から、
到着地点までの、
道のりと、距離を示してくれる。
なんて便利なんだ。
ひどい方向音痴な私の救世主だ。
もしかして、
『運命の人』
って入力してみたら、
ぴゅんとハリが落ちてきて、
そこまでの道のりと、
あとどれくらいで辿りつけるのか、
示してくれたり
しないかなぁ・・・。
そしたら、
どれだけ時間がかかってもアタシ
会いにいくのになぁ・・・。
BGMは、
Blossom Dearie の Someone To Watch Over Me

いよいよ

20110827_222600_0.jpg

ついに
いよいよ
ついに
…残すところ、
ピンクだけになってしまいました…。
あれ?
そういえば、赤はどうしてるのかなぁ…?
やっぱりか。
(案の定、この二色か。)

やっぱり

お肉が食べたいと思ったら・・・
日没してもだらだら汗がとまらないと思ったら・・・
発熱!
よし!
がんばるぞ!!
明日もギター担いで出勤だっ!!
耳コピかきかき・・・
童謡、ポップス、ビジュアル系、なんでもこいだっ!!
20110825_233319_0.jpg

じ~んせい

らくありゃく~もあるさ~
はいっ というわけで、今日もがんばりました。
そんな自分をほめてあげようと思います。
とりあえず「出る杭は打たれるよ」って日本語が、私はキライです。
さて、昨日の話、昨日の話ね。
えっとね、”なるほどポイント”だけ、簡潔にね(笑)
私が一番、やっぱり、なるほどなって思ったことは、これからの教育に必要なこと。
これまでの教育は、科学(古典)的教育学で、客観的、論理的、普遍的である。いわゆるマニュアル化されてしまっているというか・・・
それに対して、今回学んだ臨床教育学というのは、クライエント(相手)に対して、生きたままの人間の本質と関わり合うという、主観性を重んじるわけです。
目の前にいるA君は、A君でなく、
私との関係性を表しているA君である。(エリクソン)
だから、例えば「A君って手のかかる子ね」って評価しているのは、自分という。
それは、自らが培ってきた価値観が評価させてる、というか。
相手を理解するには、自らが忘却した負の体験を思い出して共鳴(開示)し、相手の表質(コントロールできない表現)からメッセージを読み解くこと。
これは相手が子供に限らず、日常の人付き合いでもいえることよね。
う~ん・・・深いようで・・・浅い(笑)?
一見当たり前のことのようだけど、「誰かに寄り添う」「誰かを見守る」には、とても大切なことだと思うのよねぇ。とても、難しいことだけど。
『キレる』とか『暴力』とか。
なんでこんなんなっちゃってんの?ってニュースでよく思うことがあるよね。その得体の知れない不安を取り除くようなことも教えてもらった気がする。
まず、脳の発達って、部位によって異なるんだって。
感情を興奮させたり、ブレーキをかけたりするのを司る部位は、前頭葉(司令塔)。
その前頭葉の発達が、脳の中で一番遅いんだってさ。
それがいつかっていうと、9歳といわれているそう。
それまでに脳をうんと興奮させてあげてたら、その時期に自然とブレーキのスイッチが入るらしいの。
じゃあ、うんと興奮できなかったら・・・?
スイッチが反応できない。だから、ブレーキのスイッチができないの・・・。
だから、9歳までの子供ちゃんは、脳がめいっぱい興奮できるように”遊ぶこと“がめっちゃ大事!
だから、早期教育はとても危険(6~8歳の幼児期に心と体の成長。9歳~ほんとうの知的な教育)なんだって。お父さん、お母さん、そうらしいよ?
昔はね、社会がこんなに便利ではなかったから、子どもちゃんはお家のお手伝いをさせられていたのよね。そうしないと生活できなかった。いわゆる、子供ちゃんは勉強以外にも、ちゃんとお仕事(別のものさし)があったのよね。
だけど、だんだん家族の中で子供ちゃんは勉強だけが仕事に(ものさしがひとつに)なってしまった。「生活家族」から「教育家族」になったって、先生は仰っていた。
すると、外(学校)でも、中(家庭)でも競争。その中で強められた優劣が、競争価値を植え付けてしまって、一番へのこだわりが強くなって、自分はダメだって・・・立ち直れなくなってしまったりするんだって。
『母性や育児は、本能ではない』
って、衝撃的な言葉だと思わない?
え~?そんなわけないでしょ~!?
と思いきや、モンキーセンターのアイちゃん(メス)の例があってね。人間の手によって檻の中で育てられたアイちゃんは、子どもを産んでも、それを物のように扱ってしまった。
育児をする猿の群れのビデオ映像を繰り返し繰り返しみせた後、ようやく次に産まれた子どもを自らの手で育てることができたんだって。
核家族化し、文化としての共同体が失われたことが、『親を育てる』環境を崩してしまった。
とても悲しい実例の話をきいていて・・・いろんなことを思い出して、涙がこぼれたよ。
今は、子どもの成長とともに親も成長できるように、子育て支援センターなどがあるけど・・・
21世紀の子育てと教育は、正直とても困難な状況だと先生はおっしゃっていた。
私がいましていることを通して思うに・・・
支援者側のコミュニティ、連携が大事だよね。
例えば、中学生のその子の問題だけみてても、その子がどうやって、どのような環境で育ったかを理解しないと、みえてこないものね。
ほんとは、もっともっと大きなところだと思うんだけどね。それ言ったら、責任転嫁になっちゃうから・・・
ショックな話だけど、
ある世界的な日本のメーカーの採用のデータがあってね、採用しているのはほとんどが日本人じゃなく、外国人なんだって。その理由が悲しくてね。日本人は学歴関係なく、人格的な成熟度が欠落しているから・・・だそう。
それって、オイオイ・・・でしょう?
とても、とても小さかったとしてもいい。
少しでもいいから未来に繋がれば・・・そんな気持ちで、いまの日々をすごしているよ。
あの、
日本中が悲しみに包まれたとき・・・
テレビの映像をみて、いてもたってもいられなかった、想い。
大きなものをなくしているのに、気丈にしている子供たちのそばにいきたくて、いきたくて・・・でも、いけなかった自分。
そんな自分が一歩踏み出せたことを、無駄にしたくないんだよね。
以上、お裾わけ、でした♪

ありがたい

今日は、一生分の『ありがとう』をもらったような日でした。
あなたがいてよかったって、いろんな人(子)に言ってもらえて・・・
あんまりもらい過ぎたから、
なんだか溢れだしそうで、怖い。
こぼれないように、
大切に大切にしなくっちゃ。
最近、仕事であらゆる研修会やセミナーに参加できる。
なぜか、先生や行政のみなさんの中に、私がいる(笑)
誰にも負けないほど、堂々と、わくわくと、きらきらと(笑)
※いちお、そこでは私も先生と呼ばれちゃっているのだけど。
最先端で活躍されているプロフェッショナルな方、社会の問題に正面から向き合っている方などから、さまざまなお話をきくことができる。そして、繋がることができる。
今日は、『臨床教育学』のお話だったのだけど、それがとても面白かったよ。
“教育”の問題と向き合うことで、社会の現状や我々の未来がみえてくる。
講師の方も、とても素敵な方でね、しっかり(捕まえて)ご挨拶してきました!(よいと思ったものは積極的に持ち帰って現場に還元すべし)
みなさんにも、私が得たものをちょいとお裾わけ♪
でも、今日はもう眠くて眠くて・・・
明日書くね♪

最近

めりめり
もりもり
人が繋がる。
熱意をもってやっていると、
手招きしてくれる人、協力してくれる人、興味をもってきてくれる人が、
自然と繋がっていく。
地域、組織や、法律なんかも
動かせない壁と思いきや、
人の力が働くことを、知る。
ああ、
面白い。
お金、でも、欲、でも、地位、でも、名誉、でもない。
みんな、
『心』で動いている。
ああ、
なんて面白い。
いま私は、
なんて素敵な体験をしている。

夏が

そろそろ終わるのかな?
でも、もういっかい暑くなるらしいです。
みなさん、夏のお疲れがでませんように、ね^^

ぎりぎり

私のまわりには、
すげーな!
かっけーな!!
という人たちがいる。
だけどほんとうは、
みんなぎりぎりのところでやってる。
なんでそんなところで?って他人に思われたとしても、
真剣にやっている。
だから、チャンスの神様がほほえむのかもしれない。
そんな勇気あるピーターパンみたいな人たちに、
私は心の底から応援しながら、
まぶしく目を細める。
「大丈夫だよ、きみなら。
どこかできみもがんばってると思うと、安心するよ」
そんな言葉を、ときどき言ってもらえる。
ご褒美をもらった気持ちと、
きょっぴり孤独みたいなものを感じる。
「ピーターパン、私も連れてって!」
だけど、現実は、それぞれの空。
自分自身を、
そう言ってくれる人たちを、
信じる力が試されているみたい。
私の空・・・
その先で、いつか、出逢って、
一緒に手を繋げたらいいな・・・。

念願の♪

20110819_224547_0.jpg

MAN WITH A MISSION さんのライブに来たなり〜♪
いやぁ、とんだ、とんだっ
はねた、はねたっ
汗かいたっ
ちょーうれし楽しかった♪
はじめて近くでみたけど、意外に可愛い狼さんたちだった♪
次はワンマンいきたいなぁ…。
しかし、なんであんないい曲ばかりかけるのか不思議…!?
みなさんもぜひきいてみて♪ 元気になれるよ♪
で、打ち上げによんでもらったりして…♪

焼き肉

焼き肉なんです。
私が食べたいのはっ
焼き肉なんでーーーーーーーーす!!!!
焼き肉ーーーーーーーーーーーーっ!!!!
ばかーーーーーーーーーーーーーっ