泣かれる。

20110629_214749_0.jpg

「◯◯さん(本名)、帰りにお茶して帰らない?」
仕事帰りに大先輩がお誘いくださって、ケーキと極上ロイヤルミルクティをご馳走になりました♪
「あなたみたいな若い方とお話できてうれしいわ」
と、目尻の皺を深くされて、
「あなたみたいにキラキラして、いつもみんなに気遣って…でも、どこかこう、鍵がかかってるのね…もっと、人に甘えられたらいいのに……」
と、バッグからタオルをとりだし、目頭を押さ…
え? Σ( ̄□ ̄III)
…泣
いてくれてる!?
ポカーン…( ̄□ ̄III)
どんだけ…?
またそれ…?
何か…どっかからのメッセージ???
(てか、それを言うためにわざわざ…?)
20110629_223522_0.jpg
淋しくさせてたら、ごめんなさい…
でも、どうしたら…
やっぱ私
どっかすごい
欠陥人間なんだろうか…。

先週

『グッドライフ』というドラマをみて、
父親ってのは、ええ格好しぃで、弱さをみせるのが下手で・・・なんて私、書いていたけど
「パパはね、助けてもらうことも、してもらうことも、苦手な人だから」
そんな台詞をきいて、ハタと気が付いた。
似てんな。。。
やっぱ、似ちゃってんのかな・・・(私も父に)
私が、プロフィールにまで『夢は家族をつくること』って書いちゃうわけ
忘れちゃいけない と、思ったんだろうなぁ。
「俺は、家族ってものをわかってなかった」
劇中の父親の台詞と、
『お前らと、焼き肉食べに行きたかった』
父の最期の言葉がかぶった。
大事なこと。
大事なものを守るってこと。
さいごのさいごに
気付くんだよなぁ。
さいごのさいごに
教えられるんだよなぁ。

今日

きみに、伝えられなかったこと。
信念をもってやっていることは、わかる。
でも、これだけは覚えておいて。
相手も、
あなたも、
生身の人間だってこと。
今日、
きみたちに、伝えられなかったこと。
きみたちは、教科書では勉強できないことを知ってる。
そのことに、自信をもって欲しいねん。
いまはそう思えなくても、
いつかそう思えるときがくる。
せやから、今をぐっとのりこえるんや。
今日、うれしかったこと。
だまって、
となりに座らせてくれたこと。
今日、・・・な、こと。
「まみちゃん、もっと、自分みなきゃ。もっとスカートはいて、甘えられるようにならなきゃ。わかるよ。だって、いっぴきオオカミの目してるもん。生き方変えなくていいんだよ。プラスアルファだよ。 子供 に逃げたらだめだよ」by16歳女子
・・・・・・。
ぷしゅ。
ぐびっ
ブライアンアダムスの声に抱かれながら・・・。

ぷはー

20110625_185333_0.jpg

ベランダで
すずめたちを見送って
プルトップを開けて
ハイボール飲む。
ひさーーーーーしぶりの
わたしの時間♪
はぁ〜
会いたいなぁ
って思う時間…♪

はじめてのビートルズ

ビートルズの曲を聴こうとすると、
胸の奥の思い出が、きゅんと邪魔をしていたけど、
今日、ギターを弾きながらビートルズの「Hey Jude」を歌った。
自分の部屋からあまり出たくないという子がいて、
部屋でなにしてるの?ときいたら、
音楽聴いてるっていうもんで、
ビートルズ聴いてるっていうもんで、
ギターも弾いたりしてるっていうもんで、
(面白いもんもってんじゃん!)「ちょっとギター教えてよ♪」
で、施設の倉庫から古びたギターふたつ引っ張り出して、
一緒に弾いて歌った。
実は、お互いつたないギターと英語だったけど(笑)
彼はきらきらしていた。
私もビートルズを歌った。
やっぱ
音楽ってすげぇ。

日々

子供たちと一緒にいると
いや、
子供といっても、子供じゃない。
正確にいうと、子供と大人の境界線はない。
日々、「人」と向き合っていると、
自らのスキルが試される。
私は、実はこれでも、なんとなく”わかるなぁ”と思っている。
大人が嫌いな子の気持ち、悪ぶってる子の気持ち、家に帰れない子の気持ち、寂しくてしょうがない子の気持ち、社会や学校が嫌いな子の気持ち、ほっといての気持ち、ギターを担いでくる子の気持ち、夢を追ってる子の気持ち・・・
でも、ここ、ダメだ・・・
帰り道に、コクられた。
10いじょう歳下の子に。
私のせいだ。(私が実年齢を明かしていないからだ・・・!)
信頼関係を崩さず、大人(社会的立場)の威厳を失わず、相手のプライドを傷つけず・・・にはどうしたらよかった・・・?
子供でも、大人でも、女は、女。 男の子も、男・・・か。
そのへん、
(悲しいかな)
まったく、
スキル0だ。

あっづ!

夏だねっ
この風っ
頭の中に、民生さんのイージュー☆ライダーが流れてるよ。
子供たちはすごい。
元気。
パワーダウンしないんだなー
(分けて) くれっ
それにしても暑い。
被災地の方、大丈夫かなぁ…
避難場所の網戸と、
ハエトリ紙と、
扇風機と、
冷蔵庫…!!
ものがありあふれている、こんな国なのに…
夏がやってくる。

あーあ

顔がぱんぱん、鼻がまっかだ・・・
なんてことない
「グットライフ」というドラマみてただけなんすけどね。
最初の4分から、ぼろぼろぼろ・・・・・・ティッシュの山。
あれだなぁ
やっぱ、どっかで、求めてるんだなぁ・・・その存在。
もう無理なんだって思っていたけど
父親になる人 となら、一緒にいることができるんだ、なぁ・・・なんて、
画面の反町さんを愛しくみてました。
父親ってのは、難儀だなぁ・・・。
格好つけちゃうんだよなぁ。
弱さをみせる勇気が
ないのかなぁ。
まったく。
父の日、
なんかできた?

お誕生日

ありがとう。
今日、事務所から転送されて、私のお家に届きました。
とってもうれしかったです。
お手紙、ありがとう♪
お電話もくれて、ありがとう♪
美味しそうなお酒、楽しみだな♪
うれしいな、大好きな本がたくさん読める♪
疲れた足もひんやり、癒されちゃう♪
それに、
何も言えなかったのに、伝えられなかったのに、
わかってくれて、ありがとう。
とても、うれしかったです。
『みてるよ』
私がいつも、誰かになげてるメッセージ。
『みてるよ』
私にも、そんな人がいてくれること。
ほんとうに、ありがたいなって、思いました。
ああ、
みんなに会いたいな・・・。
ライブしよう♪
8月7日なんて、どうだろう?

お風呂に

浸かる。
痣、 ここと、ここと、ここ・・・3つ・・・。
「まみちゃん、一緒にバトミントンやろ~!私ら今日も学校さぼっちゃった」
「おぅ いいよ~」
敵はバトミントン部らしく、手強い。元バレーボール部としては、白い羽根をみると血が騒ぐ。
回転レシーブさながらで羽根を追いまくる。
・・・あれか?
「土足厳禁の運動室で、男子高校生10名ほどが土足でバスケットをしているみたいだから、注意をしてきて下さい。」
行けば、半分ずり落ちたパンツと、ピアスとネックレスと金髪をなびかせた彼らは、ちゃんと靴下になっている子たちの横で、土足でバスケをしている。
「こちら土足厳禁で~す!靴ぬいでやってくださ~い!(大声)」
チラ見して、シカト。・・・だよな。しゃあねぇなぁ。
「すみません、土足厳禁です。ぬいでくださ~い。ハイ、すみません、ぬいでくださ~い」と、邪魔しに入る。ひとりぬいでくれたら、勝ち。続いてみんなもぬいでくれる。ええ子らや。ひとりをのぞいて(汗)
「靴下でバスケやったら危ないんだけどぉ」
「じゃあ、上履きもってくるってどうだろぉ?」(←私)
・・・シカトで、土足プレイ。
(まぁ、確かに危ないやね。)←まいど、子供社会と大人社会の狭間
おもむろに雑巾をとりにいき、相変わらず土足のロン毛くんに手招きし、足首をつかんで靴の裏を拭く。
黙って拭かれる。(←可愛い)
「他の子の足踏むなよ、イタイから」
案の定、踏んで、自ら靴をぬぐ。(←めちゃ可愛い し、友達想い)
みんな、それでもバスケに夢中だ。
その姿が、格好よくて、躍動的で、若くて、元気で、美しく、しなやかで!
思わず見とれて、そのまま体操座りで試合鑑賞(笑)すごいディフェンスやシュートの技に、思わず立膝ついて拍手喝采!!(球技には、やはり燃える)
・・・あのときか?
運動室にいたその間、小学高学年生の少年たち3人が、私の靴を隠す。
「オイ・・・隠した?」
ニヤッ・・・「うっさい!クソババア!しね!」
(ぴきっ怒)
「クソガキ!!ババアはゆっても、しねは、ゆうな!!」
本気で怒鳴る。
「うっさい!クソババア!しねしね!!」
キレて追いかける!
腕を捕まえる!
「クソガキ!!しねは絶対ゆうな!てめぇで責任とれんことは、ゆうな!」
と、いいつつ、なりふり構わず大将の靴をもぎ取る。・・・あのときか?
「物々交換な!どこに隠した?」
渋々、仲間が私の靴の場所を教える。(←可愛い)
両方無事取り戻したところで、返してやる。
「ハイ、さんきゅ♪」
「ババア!(指をたてる)」
ふふ~ん!と、鼻の穴をふくらませる。
「あなた、疲れるでしょう。普通の大人は、あそこまでやらないわよ。それに館内は走らないでね」
・・・。
私のモットーは、なるだけ『本気』である。
それが、一番伝わると思うからである。
見抜かれるから、なわけである。
みんな、本当は優しくていい奴である。
と、信じている。から、できる。
私の命の時間配分は、今んとこ、まちがっちゃいないと、思う。
ただ、
このように疲れる。痣できる。
風呂で寝る・・・。
だれか、ベッドまで運んでプリーズ・・・。

今年も

20110615_084141_0.jpg

咲いた、ジャスミンの香り♪
こんなに小さな花なのに
こんなに甘い香りを放つ
生まれたての真白い
なんとも可憐で
なんとも凛々しい。

たばこ

やめなさい!
っていっても、たぶんやめへんやん?
大人たちだって、
やめれへんやん?
裏庭に中高生がタムロして、たくさん吸い殻が落ちていることが問題になっている。
このままだと、児童館閉館の可能性もでてくる。
そしたら、他の子供たちも行き場をなくしてしまう。
自己責任としても、やっぱ人の迷惑になったら、マナー違反やん?
若い体も、心配やん?
そうだっ!
「『体を大切にしてね』って書いた携帯灰皿を配るってのはどうでしょう?」
いやいや、たばこは20歳からだから!!!!(大人全員から)
ですよねぇ・・・。
そうよねぇ、子供たちには、有給休暇も、飲み会も、たばこも、美味しいランチも、旅行休暇もないもんなぁー・・・。

Thanks

20110612_224914_0.jpg
一番はじめのお誕生日は、
ママにありがとう。
それからのお誕生日は、
出会った人に、ありがとう。
いま、プライベートの時間で子供たちと接する時間が多いからかなぁ。
過去の自分の誕生日を思い出しました。
パパとか、ママとかに、めいっぱい私を見てほしかった誕生日。
知らないお友達に、拍手してもらうことが怖かった誕生日。
雨降り6月の誕生日がいやだった誕生日。
私なんか悪い子は生まれなければ、と思った誕生日。
“東山麻美”を祝ってもらえるのがこそばゆかった誕生日。
あなたの中で生まれ直したんだって思った誕生日。
家族が増えたみたいな誕生日。
愛する人をずっと待っていた誕生日。
そして、今日・・・
20110611_234617_0.jpg iPicEd1
あたたかなバースデーカードをありがとうございます。
メールやお電話をありがとうございます。(事務所からも転送していただきました)
2×6時間もかけて、遠路遥々サプライズのおめでとう、ありがとうございます。
楽しさもお腹もいっぱいにしてくれて、ありがとうございます。
パパたちの写真にも、ありがとう。
お誕生日って当たり前にあるんじゃなくて、
誰かがいるからある日なんだなぁ・・・。
さぁ、いい頃合いになってきました~♪ (注:あえて数字には触れてくれるなよ)
したいこといっぱいでどうしましょう。(いつものように不言実行)
このまま全部実現しちゃおう♪
もっと、蓄えよう♪
そして、誰かに、伝えよう。
そして誰かに、
抱きしめてもらおう。(やっぱりそれもアリ)
そして誰かを
抱きしめよう。
今日、私がみなさんにもらったハッピーをお裾わけです♪
にににににーーーーーーーーーーっ
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)手(パー)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
愛をこめて黒ハート
いつもありがとう黒ハート