おまもり♪

20110531_201833_0.jpg

私ねぇ、“会いたい人にあえる”という強運の持ち主でしてね、
T.M.Revolution 西川さんの歌い方が好きだ〜♪と、ノロけていたら、数年後にまんまとご本人とドラマで共演させてもらったり、
ノッポさん(高見映さん)みたいになりたいー!っていっていたら、
実は今年にはいってからね、
ノッポさんご本人にお会いすることができたのだ〜♪
すげーでしょ?
そして、いまの社会や子供たちのこととか、ノッポさんのインタビュー記事に励まされたこととか、自分の想いや志し、とか…
まるで子供になったみたいに夢中になってお話をしていたら、
「この人はまいったなぁ」っていいながら、笑顔で、たまに真剣な眼差しで、うんうんって頷きながらお話をきいてくださって、また、励ましてくださったのでした。
その数日後、この本がノッポさんから私のもとへ送られてきたのでした。
いつかきっと、ノッポさんと一緒にお仕事ができたらいいなぁ、なんて、
願いをこめて、枕元の本棚に置かれたこの本を
明日がんばれるようにと、開いているのです♪

夢をかなえるゾウ

20110527_090644_0.jpg

この本は、おもろい。
まってました、文庫化!
あんみつのくだりが、とくにおもろい。
フツーに笑えるし、そんじょそこらの自己啓発本よりためになる。
ガネーシャの声が頭ん中で、
どうしても古田新太さんだけどね(笑)

予感

だいたい幸せな予感は
あたっている。
自然の中で小さなハッピーをみつけられるときは、
きまってハッピーの風が吹いている。
先日、新しい扉をたたいたら、
その扉が今日、まんまとひらいた。
なりたい自分になれるかは、
これから。
私ね、学校が苦手な子供たちの先生になるの。
震災のあと、
私の周りには、壁しかみえなかった。
『今のあなたはいりません』っていう気がした。
だけど、壁にはみえない扉があって、
ノックするには勇気がいるけど、
そこから新しい道が繋がっているかもしれなくて・・・。
私ね、ノックしたい扉はノックして、
ぜ~んぶの道を通って、
なりたい自分になろうと思ってるの。
どうせ人生、ゴールなんてなくていいのだから、
行きたい道を通っていくの。
何歳(いくつ)になっても、
やろうと思ったらなんでもできる。
これについては、私が実証できる。
そんな私だから、できること・・・。
夢見る金魚ちゃんといわれても、
ちょうちょみたいっていわれても、
いっぴき狼だっていわれても、
ちゃいますやん。
生きようとしているだけですやん。
一緒にがんばろうね。
おみやげ話を
みんなにもあげたいな。

めちゃ

可愛らしいのっぽさんハット被ったおばあちゃんが、
電車のシートに座ろうとしたところで目に入った。
あわてて立ち上がったら、
次に降りるから、と扉を指さした。
降りるときに、私の腕にそっと触れて、
ありがとうって、めっちゃ可愛らしくお辞儀して笑顔をみせてくれた。
めっちゃ幸せですやん!
よし、
なんか調子でてきた♪

幸せだ

車窓から、延々と続く空がみえる
幸せだ。
ひんやりとした瑞々しい若葉がきらきらと
ちゃんと風に揺れている。
幸せだ。
がんばろうって気持ちになれる
幸せだ。

真夜中に

最近、
我々の「時代の顔」みたいな
いい役者さん方がなくなって、
ほんとうにさみしい。
でも、
名前や、職業や、成し遂げたことや…
その人を縁取るものは素晴らしいけれど、
でも、
やっぱり人は、
人なんだなぁ。
って、
長門さんの生前のインタビューとかみてて、思った。
きっと、愛する奥様のもとへいったのよね。
そう思うと、
さみしさも、なんだか和らぐ。
素敵なご夫婦だな。
私も、あんな夫婦になりたいな。
私も、たったひとりを待ち続ける存在になりたい。
なんて思いながら、
曲をかいてました。
5月にライブするっていってのに、
ごめんね。
ほんと、生モノで、申し訳ない。
でも、
歌いたい気持ち、ここにこんなに、あふれてきたよ。
みんなは元気かな?

きのう

写真.JPG

久しぶりに会った、かよちゃん。
はじめて会った、いとうくん。
何気に共通点あり。
じつは我々、戦隊あがり。
なんかおもしろい。

昨日は

20110515_084549_0.jpg

サンミュージックのチャリティーイベントに参加してみました。
みなさん総勢で、ベッキーちゃんデザインTシャツを着て、うたって、楽しかったです。
歌はいいね。ほんとうに届く気がして。
昨日、感じたこと。
できる人が、できることをすればいい。
自分も、できることをやればいい。

一歩ずつ

IMG_0726.jpgIMG_1593.jpg

父が重い病気だと知ったとき
生活費の仕送りを申し出たけど
続けられなかった。
「できんことをするな!」
と、父に受話器の向こうで叱られた。
(それが父なりの気遣いだったのだろう)
むちゃくちゃ、腹が立った。
父に。
違う。
ほんとうは、
自分に一番腹が立っていた。
無力で、情けなくて、悔しくて。
震災のあと、
あのときと同じ気持ちになった。
ちっとも、思うこと、なんにも、できなかった。
だからって
諦めたくないんだ。
きょう私は、まったく新しい扉の前に立ち、ノックしてみたよ。
たとえ遠回りでも
なりたい自分にならせてやれるのは、
自分なんだ。