忘年会

SBSH02231.JPGSBSH02241.JPG

なりぃ♪
ワイワイしたブログなりぃ(笑)
以前から、私がときどきアルバイトさせていただいちゃってる税理士事務所のみなさんと、ちょいと早めの忘年会♪
大学教授でもある税理士先生の講習をみっちりうけた後で、(意外とパズルみたいで面白いんだこれが。生まれついての数字アレルギーだった私がね笑)
そのうえ河豚までごちそうになるという、
なんとも贅沢な一日。
人生とは、人との出会いとは、
まっこと摩訶不思議の大冒険の宝島である。
感謝、感謝である。

仲間

から、またメールをもらいました。
————————————
今、3人のお子さんがいるお友達@長崎とメッセでお話してた内容なのだけど、
彼女の場合、
・子供の携帯(普通のガラ携)にはロックをかけている。
 電話機能くらいしか使えない
 アドレス帳の新規登録も許可しない
・中学生になったらサイトの危険性やネット上のエチケットを教えてブラウザーが使えるようにした
・親が子供に携帯の使い方を聞くような家庭が危ない
 (親も危険を認識していない)
・今は携帯電話だけじゃなくNintendo DSなどもインターネットのアクセスができる
 DSのチャットのログなどを、あとで親(友達)がチェックしている
・子供は親がログをみていて筒抜けなのを知っている
・携帯のフィルター機能はあるが、子供にせがまれて親が携帯ショップに解除の申し込みに行ったりする
とりあえず一例ですが、彼女は親が危険を認識していないところが危ないといってました。
————————————
————————————
さっき、キミのブログ読んだゎ。
今の子供たちはホントに大変だよね… 私達の時代より恵まれているけど、幸せを感じることが私達よりよっぽど大変だと思う。
ヤツらに「オトナになりたいな」と思わせる人間でありたい、そんな生き方をしたいと思う。難しいけどさ!
では、またね。
————————————
少し勇気をだして、
ほんとうの気持ち、伝えることって大事だね。
こうやって、
みんな仲間かもしれないからね。
ね♪
ありがとう

うん

>こんにちは(^-^)
>
>僕は小さい時からメガレンジャーが大好きです
>
>その中でも、メガピンク役の東山さんは本当に僕のお姉さんのような存在でした
>
>これからもずっと大好きです
>
>頑張ってください
——————————–
ありがとうね。
これからも一緒にがんばろうね♪
みなさん、おやすみん♪

思春期2

昨日、言い忘れたけどね、
昔は、「あらまぁ大変ねぇ、でもうちの子もひどかったわよ〜。壊れた家具なんか、大人になったとき見せてやろうと思ってとってあるの。」なんていうご近所さんの話がきけたりしたものだけど、
最近は、地域のコミュニティってものもないから、相談する人も情報をくれる人もいなくて、思春期の我が子をみた親御さんがびっくりするらしいです。
そして、「なぜうちの子がこんなふうになるの?」「そんな育て方をした覚えはないわ」って、見捨てちゃうケースも…。
いやぁ…子にとっちゃつらいんだ、これが。
思春期って、
ゼリー状の蛹になって生まれ直す時期であり、
すなわち、それまでやれなかったことを、やり直そうとする時期でもあるんだそうです。
いやー、それをきいて、私もちょっと許された気がしちゃったもんねー(笑)
いつも笑顔で、先生にほめられたりしていた、いい子の麻美ちゃんが、
家出したり、部屋のドアを蹴破ったり、誰が想像できたことでしょう(笑)
(もちろん今はそんなこといたしません)
確かに、親には心配や苦労をかけました、ごめんなさい。
でもちゃんと自立して、これこのとおり、どうにかこうにか生きています。
私を見捨てなかった母に、あらためて感謝です。
知ることって、ほんとに大事だねぇ。
そして、ここでこうして呟くだけで、
『ブログみてショックだった。うちがネット社会をつくったようなものだし、何かできることがないか考えてみるよ』
って、反応してくれた人もいたんだ。うれしいな♪
フィルタリングとかもあるみたいだけど、「実は子供たちも、それを悪用しようとする輩も、もっと緻密なんです」って、実状を知る先生は仰ってたよ。
でも、頼もしい♪ その上をゆく技術で、ぜひこの世界をかえて欲しいなぁ。
実は私も、ショックだったんだよ。
知らずに、すっかり私も子供たちの悪影響に加担していたから。
昨日の先生の話をききながら、『あ…私たちのことだ…』って、顔をあげてきいていたよ。
こうして情報交換することは大事だよね。
私の周りにも、さっきの連絡をくれた方や、子供向けアニメーションをつくられている方など、そんな意識をお持ちの方がいたりするしね、
そんな、ほんとうのヒーローが現われたら、
私もなんだかうれしいです♪

思春期

SBSH02171.JPG

ときけば、みなさんは、どんな感じ?
それぞれだと思うけど、どこか不安な、あいまいな、バラバラな、なんかそんな感じ?
私は、あえていわれるまで、考えもしなかった。
今日のボランティアの現場で出会ったのはね、上記の筆者でもある、
公立中学校養護教諭、思春期学会理事、エイズ撲滅運動など、多方面で活動されている、
金子由美子さん。
子供たちの声(心)がよく聞こえる場所、学校の保健室にいらっしゃる方。
「いまの子供たちの生活を知っていますか?」から、講義は始まった。
-わかりません。
そう、私のような大人たちが、子供を育て、教育の場に立ち、社会をつくり、国をつくっている。
思春期…子供から、大人になる蛹(さなぎ)のようなもの、と先生は仰った。
蛹って、中身はゼリー状なんだって。
一度、それまでの姿を全部を溶かして、生まれ直す大切なとき。
体が大きく変化するとき。
ロールモデル(生きていくためのモデル、情報)を吸収するとき。
「しかし、自己肯定していない親、教職員、芸能人、社会… 今は、そのロールモデルがないんです。」
先生の言葉に、はっ とした。
「これが、今の子供たちの現実です。
発達の知識がない教育者や親、自己の評価ばかり気にする教育者、学級崩壊、いじめ、教育虐待、親がいない夜、手元に着信する誘惑、ネットに憚る透明人間たちの罠、画像流用、前略プロフ、JC諭吉二、薬、薬の売人、援デリ、セフレ、性依存、無修正、児童ポルノ、男尊女卑アニメ、執事カフェ、腐女子、モテルモテナイ、半分が広告のティーンズ雑誌、視聴率重視のメディア…
夏になると、制服目当ての変質者が多く学校付近に現れます。その度に、子供達を避難させながら登下校させます。休み時間になると、男子たちが着エロ画像を携帯でみせにきます。それを見て、何も問題のない自分の体に自信がないと打ち明けてきます。子供達が、ビジネスの対象になっているんです。信じられないような顔をしてますが、
いまの子供達は、そんな中で生きています。」
先生は、たくさんの実話と資料を交えて教えてくださった。
愕然として、なんともいえない気持ちになったけど…
だからって今日、先生が答えまでを教えてくれたわけでもなかった。
ちゃんとした答えがあるなら、とっくに社会は変わってる…。
私の今の立場じゃ、言えることじゃないかもしれないけど…伝えることだけでも…。
私は、知らないことは罪だな…って、思ったから。
なんだかんだ、いろんなことがあったけど、
私の思春期のときは、ちゃんと蛹になれた気がする。
情報を買うお金もツールもなくて、
孤独は、どこまでいっても孤独で、
闇は、どこまでいっても静かな闇だった。
だから、一筋の光をたどることもできた。
それは、感謝すべきことだった…。
暗くゴウゴウとうなる川の橋の上にたち、ちゃんと自分と向かいあった。
あの時の私が、いまの私に命を繋いでくれた。
いまから大人になる皆さんへ
耳を塞げ。
孤独を恐れず、孤独と向き合え。
恐怖の真実を見極めろ。
お願いだから、私利私欲のものたちに惑わされないで。利用されないで。負けないで。
悪者はいつも地球侵略をたくらんでいるように、そいつらはいつもあなたの弱さを狙っているんだよ。
そんな大人になっちゃダメだ。
わからなくなっても、
自分のことだけは、信じるんだよ。
大人のみなさん
彼らは、人間の姿のまま、この社会の中で、蛹にならなくちゃいけないの。
ちゃんとその時間を与えてあげて。見守ってあげて。

ああ

SBSH02121.JPG

かんっ
ぜんに
風邪をひきましたよね。
みなさんもお気をつけて
マスク マスク…
今週もあと少し。
今月もあと少し。
みなさん、
いってらっしゃい♪

駅を

SBSH02111.JPG

おりると
やっぱり雨
雨だなぁ…
なんだか長い一日だった。
よい一日だった。
とにかく眠い。
お風呂にお湯をためるか、ためないか
それを決めるのが、今日最後の幸せである。。。
あ、
今日
最近東京で出逢った方が
私の心の故郷を訪ねてくださった。
東京と、あの場所を結びつけるのは
私ひとりきりだと思っていた。
信じられない…奇跡みたい…。
なにかに導かれているような
たまにこんな奇跡がおこる。
それはまた
いつかに繋がっていく
もうひとつのお話。

ありがとう

mizuki.jpg

今日はね、お体に障害をもたれている方の施設にいって、歌をうたってきたんだよ。
しかもひとりで!
あーわあわあわ いつも、仲間の音があってのあたしの歌なもので・・・///
画像は、ホワイトボードに書いていただいていた、『東山麻美さんコンサート』を、『東山麻美さんと交流会』に変更していただく、の図(笑)
もうねぇ、どうやって伝えよう・・・どうやったら伝わる?・・・なんて考えていたのだけど・・・
自己紹介の途中から、もう、席を立ちたくなっちゃって、みなさんの近くで、おひとり、おひとり、みなさんのお名前を教えていただいて、みなさんに触れさせていただいて、ご挨拶。
うれしかったな・・・。笑顔になってくださったこと。恥ずかしそうに照れてくれたこと。一生懸命何かを伝えようとしてくださったこと・・・。
伝える、どころか、伝わっちゃって、伝わっちゃって、あったかくて、あったかくて・・・。
まるで、包んでいただいたみたいで・・・心の殻がぽろぽろとれちゃったよ・・・。
一生懸命、一緒に歌ってくださってありがとう!
愉快に踊ってくださってありがとう!
側にきてくれてありがとう!
笑ってくれてありがとう!
スタッフのみなさま、おかげさまです。
ほんとうにありがとうございます!
優しい気持ちをくれて・・・ほんとうにみなさん、ありがとう・・・。
今度はもうちょっとギターを練習していくねっ///
来年、みなさんとステージで共演できることを、心から楽しみにしています♪
今日はほんとうに、ありがとう。
この機会をくださった事業団のみなさま、
心より感謝いたします。

あー

電車の中で、
ベビーカーの子供ちゃんが、
にこーーーって、
こちらに笑いかけてきた♪
ポケットから手をだして、
ちいさく手をふったら、
ちいさな手でふりかえしてくれた♪
これ、私の力じゃないんだよ。
さっきね、とっても優しい人たちから、
とっても優しい気持ちをもらったの。
すごいね…連鎖するんだ…
きっといま、私のバリアが溶けてなくなってるんだと思う。
強烈な優しさパワーに包まれてきたから♪

さっきまで

つよぽんと電話をしていました。
ちょっと業務連絡のつもりが、つい長電話。
笑い疲れた~(笑)
つよぽんは、いつもライブでベースをひいてくれている彼である。
「久しぶり~♪」
で、おたがい近況報告。
「麻美さんのブログ、たまにみてるんすけど、いやぁ、ブレないっすよねぇ~」
何が?って、その真意のほどをきいてみると、
「いやぁ~・・・」
どうも私は、
「いつもひとりで、空や花に話しかけている子」
「いつもひとりで、悲しみとは・・・?なんて追求している子」
らしい。
否めない(笑)
「もし麻美さんがいま死んだら、オレ、胸がしめつけられる思いがしますよ、あ~なんかこれでよかったのかなぁって、早く彼氏とかつくってくださいよ~、でないと安心できないっすよ、みんなきっとそう思ってますよ~」
ヒドイ(笑)
ウケる(笑)
心配かけているらしい(笑)
申し訳ない(笑)
いやぁ、
笑った笑った♪
そうかぁ・・・そう見えているのかぁ。
そう見えてる?(笑)
確かにねぇ・・・(笑)
「ブログがすべてとは思わないですけどね、もっと他の人みたく、こんなん食べたよ~♪とか、誰かにあったよ~♪とか、もっとワイワイしたブログ、あるでしょう」
らしい(笑)
ワイワイしたブログかぁ・・・
しんどいなぁ・・・。
心がけてみるけど(笑)
てか、こんなに長電話できちゃうあなたのことも、あたしゃ心配だよ(笑)