なんにもなし

081029_170613.JPG

なんにもなし
私はいつも
なんにもなしの自分を想像する
想像するというか
私は本来何ももたない
なんにもなしだ
真っ暗で
足元もなくて
何の声もしなくて
誰の記憶にも存在しない
そんな私が
ここに生まれて
名を呼ばれ
誰かの声をきき
星をみあげ
花のにおいを嗅ぎ
味を知り
そして誰かに愛される
誰かの記憶の中にいる
私はとても
それが当たり前のこととは思えない
とても不思議だ
とても怖い
とてもうれしい
とても幸せだ
今日もこんな私のために
どこかで私の名を呼ぶ人がいる
私はとても
それが当たり前のこととは思えない
とても不思議だ
とても怖い
とてもうれしい
とても幸せだ
とても怖い。
とても幸せだ。

おはよう

081030_102723.JPG

今日は、冬の気配の朝。
クローゼットからタートルニットをひっぱりだしました。
タートルにはやっぱ髪はアップでしょう♪ってことで、朝から奮闘しました。
今朝のBGMは、Pat Metheny の One Quiet Night♪
キンと冷えた冬の朝にも、きっと似合うはず♪
時折聴こえるギターのハーモニクスの音(ポンッと高く響く音)に、心がキュンとなります。
へぇ、JOHN CAGE さんって有名なの?
もちろん私もよくわかんないできいてたけど(笑)
でも、面白いの。
JOHN CAGE は他にも、コインを投げて出た音で曲をつくったんだって。
「きっと神様に一番近い音楽をつくりたかったんだろうね」って店員さんがいって、
なんかその発想が可愛いらしくて、笑っちゃった。
最近、曲づくりでいろいろ考えたり、自分の人生のこととか考えたりね…(笑)そんな中での出会いだったから、すごく不思議だったんだ。
確かに私、よく人にお話ししてもらえる。へろへろしてっからかなぁ~笑
なんかうれしくなっちゃうんだよね。
この人、何をあたしに発信してるんだろうって。
実際、全部受け入れてるわけじゃないけど、とにかく面白いな~と思っちゃう。
秋になって、寒くなって、人恋しくなって、急に懐かしい人からメールがきたり、
‘待つこと’が嫌いって不貞腐れてる私に、違う見方をしてごらんって教えてくれる人がいたり、
遠くてぜんぜん会えてなくても、私の一番欲しい言葉を親友がわかってくれたり…
懐かしい映画を思い出させてもらって、また観たい楽しみができたり…♪
まるで、何か目に見えないものに優しく包まれているような気がしてくる。
ほんと不思議…。
ね、耳を澄ましてみて。
今そこに、心揺さぶるものがあるでしょう?
って…
もしかして JOHN CAGE も、あえて何にもなしに音を消して、伝えたかったんじゃないかなぁ…。
今度、お礼にそのことを店員さんに伝えにいこう♪
そして、カップの一個くらいは買わなきゃだなぁ…笑

宇宙だ~!

081028_155145.JPG081028_155205.JPG

まだ運命のアンティーク置時計を探し求めている私は、昨日、住宅街にぽつんとある雑貨屋さんに入った。
ガラガラと引戸を引けば、あたたかく仄かな照明に浮かび上がったノスタルジックな小物たちが、無造作に(もしくはきちんと計算されたように)並べられている。
きっと宝物がある!!!
そんな予感にどきどきしながら店内を探索していると、古いスピーカーから流れてくる音楽が非常に心地いい…♪
店員さんと私だけの沈黙の時間を楽しむのもよかったけど、(やはりその曲が気になって)話しかけてみた。
「すみません、今かかっている曲は誰の曲ですか?」
「ああ、チャーリー○×☆&パッド?$☆…ですよ。」
え…えと…?必死で復唱している私に、
「ほら、この曲きいたことない?ニューシネマパラダイスって映画しらない?」
「ああ!ほんとだ!知ってますよ♪男の子が島から出て…でも大人になってまた帰ってくるやつ。」
「しってるんだ、その曲だよ。あれさぁ、あの映画、カラーと白黒どっちがオリジナルなんだろう?気になってるんだよね。」
「えっ両方ありましたっけ…?私の記憶だと最後のほうの看板のネオンが赤だった気がする…白黒もあるんでしたっけ…?」
そこから約4時間…
かくして私は、その出会って間もない店員さんと、そのノスタルジックな空間を漂うことになる。
「へぇ音楽好きなんだ。どんな音楽が好き?これ、面白いんだ。ちょっときいてみない?」
するとお兄さん(もしかしたらおじさんなのかもしれない)は、現在は10万円程の値がついているという JOHN CAGE という人のLPレコードを奥の棚から取り出して準備してくれた。※画像
これきいてどう思うかな?あなたはこれ、音楽だと思う?
(なんか、えらいことがはじまる…。)
なんとなくそんな緊張が胸をよぎったら…
不安的中。
Track3 『Radio Music』
約6分間、ず~っとラジオのチューナーをいたずらにかえているだけの音(雑音)だけが流れている…。
Track4 『4’33″』
これはどんな曲かというと…、
4分33秒間、
無音である…。
「JOHN CAGEって人はクラシックの人でね、この曲は4分33秒間何の音もしないけど、ちゃんと3つの楽章から成り立っていて、指揮者もちゃんといて、楽章はピアノの蓋を開け閉めするだけなの。これをラジオで流したこともあるんだ。どう?例えばあなたは、これを音楽って思う?」
(た…っためされている…!?☆)
ちょっとドキドキしながら、私は思ったことを言ってみた。
…例えば、歌っていて途中感極まって歌えないときがあったとしても…それはそこに表現したい心があるから、善し悪しは別にして、私は音楽と言ってもいいと思います。だから、この人をもっと知らないと分からないけど…そこにこの人の表現したい思いがあるなら、音楽でもいいと思う。
そう、精一杯答えたつもりが…、
どうやら店員さんが満足する答えではなかったのか、目の色が変わって尚、食いついてきた。
お金を払ってオーケストラをみにいって、何の音もしないんだよ?怒らない?音にこだわって、歌詞を書いたりしている音楽家を全部否定しちゃうことになるんだよ?そうしたら、あなたは認めない音楽はないってこと?
それは…、好きとか、嫌いとかはありますけど…。私は、心がある音楽が好きです。
それって、なんとなくの好き、嫌いでしょ?
『Radio Music』はどう思った?
(なんとなくで何が悪い!?)
う…ん、ロックだなぁ~と思いました。
あのさ、ワインがあって、あなたの生まれた年代物があったとすると、まずいとか美味しいとか関係なく、それだけでドキドキして飲んでみたいと思わない?このラジオの音は、日本では受信できない。まさにそこでその時だけ聴いていた音なんだよね。
「おぉ!それはなんかすごい!」
そういって、レコードの表紙の製造年を探す私に、すごくうれしそうな顔をして、「やっと目がキラキラしてきた。」と店員さんは笑った。
ね、純正律と平均律はしってる?(私、首をかしげる)
ね、一般的に流れてくる音楽は、どうしてドレミファソラシドだけでつくられてるんだろうね。他にいっぱい音があるのに。(私、首をかしげる)
ね、倍音はわかる?
「はい、それはわかります。」※倍音とは基本となる音の周波数の倍の周波数を持つ音
ホーミーとかそうなんだよね。(ゔぉぇ~と、いきなり店内でホーミーを始める店員さん)
ドレミファソラシドって実は倍音なの。
昔ね、音の重なりが一番美しい音(倍音)だけを神様にささげたくって、ドレミファソラシドを決めたの。
といっても純正のドレミファソラシドは、昔のモーツァルトとかの時代だけでね、いま僕たちが耳にしている音はほとんど、純正律の倍音じゃなくて、平均律(平均でとった音)なんだけどね。
というのも、倍音ってほんとはドからドだけなんだけど、もっと高いドから低いドを使いたくなったんだけよね。でもそれは神様のいたずらで、音が70/1づつずれてきちゃうんだって。不思議だね、だから平均をとってるんだってよ。
ね、純正律だけの曲きかせてあげようか。
(宇宙だ……。)
パソコンで純正律と平均律の聞き分けテストがあるんだ。やってみる?
私:「純正…?平均…?純正…??????」
店員さん:「はいっ、2/1の正解率~♪」
私:「私、モスキート音はきこえちゃうんですけどねぇ~」
店員さん:「それぜんぜん違うから」
私:「ですよね」
ね、さっきの話だけど…『4’33″』には、こうして車が通りすぎる音も入っちゃうんだよね。
店員さんは、にこにこしていた。
それからいろんな話をした。
『イムジン河』という曲の、最後から頭の部分へ反対側に譜面をおこしたものが『悲しくてやりきれない』で、そこにこめられた想いとか、『帰ってきたヨッパライ』のほんとの意味とか、忌野清志郎さんの武勇伝とか…
音楽は左脳、例えばお芝居は右脳だという意見には、私は黙っておられず反論、討論した。
何時間か経ったあと、お店の奥から他の店員さんが、「じゃ、先生、先に帰ります」と姿をあらわした。
先生…?
なんの先生なんですか?
きけば、某有名芸術大学の教授さん…
「なんでまたこんなところに!?」(失礼)と、驚く私に、
だって、目がキラキラしてる奴、100人に1人くらいしかいなくて、教えるの嫌になっちゃったんだもん。
どぉ~りで…
そんな人とやり合ってたわけか…。(そら宇宙だわ)
「私も、もう帰らないと」と、言ってから約一時間。最後に話した内容は…
結婚して、子供を産みなさい。
(笑)
かぼちゃの花と一緒だよ。
温室にいるより、外に出て、蜂とかにいっぱい受粉してもらって、大きな実をつけた方がいいよ。
あのさ、子供ができたら、また新しい世界がみえるんだよ。
飲む水から政治から何から何まで、いま見えてる世界よりもっとクリアに見えはじめる。それは面白い、驚いたよ。
そこまで宇宙のような知識がある人に、あえてそれを言われると…妙に説得力があった…。
結局、私は、受講料どころか何の品を買うでもなく店を出て、いつの間にか真っ暗になってしまった空の下をいそいそと帰った。
早速、昨日教えてもらった Charie Haden & Pat Metheny のアルバム『Beyond the Missouri Sky』を聴いている。
素敵♪
ホームに電車が入ってくるだけでも、映画のワンシーンみたいだ…♪
いまみえている世界も、何かのきっかけですごく違って見えるもんだなぁ。。。
この世界は、不思議がいっぱいさ。

いいてんき

081028_144058.JPG

だね♪
秋、すきーーー♪
ポニョをみてから、最近の私の口ぐせ笑
すきーーって、すごいいい言葉だねぇ。
秋風に、オフコースのラブソングでメロメロになりながら…♪

こんな

081027_184223.JPG081027_184744.JPG

雨の
都会の
黄色いテントの中で、ずっととんでる
黄色のちょうちょがいた。
きっと仲間だと思ってるんだ…。
なんだか寂しくて
わたしも一緒にそのテントで
雨やどりした。

いやん

お天気の悪い週末。。。
キラキラの葉っぱがみたいのに、どこかしょんぼり。。。
に、負けずっ近所をお散歩しました手(チョキ)
フランス製のアンティーク置時計を探しに♪
でも、
どこかしょんぼり…。
しってるよ。
ひとりぼっちより、誰か一緒にいたほうがいいにきまってる。
それが好きな人ならなおさら。
私も、待つことと、会えないことダイキライ。。。
寂しすぎて、好きな気持ちが病気になっちゃう。
そんな時にはこれ↓
I need love, love To ease my mind
I need to find, find someone to call mine
But mama said
You can’t hurry love
No, you just have to wait
She said love don’t come easy
It’s a game of give and take
You can’t hurry love
No, you just have to wait
You got to trust, give it time
No matter how long it takes~
ナガグツで歌います♪
苦しいときのおまじない。
好きな人のこと、好きでいるためのおまじない。
「あせってもええことないで。」
私の母も関西弁でゆうとりました。
苦しいね…でも、
不安も、寂しさも、好きも、愛してるも…
ぜんぶ自分の中にある。。。(_ _)かわいい

自分が

081020_215142.JPG

喉から手が出るほど欲しいーー!
と思ったものが
意外とそんなに価値がなかったりする。
逆に
どうでもいいようにあたりまえにそこにあるものが
実際すごく価値があるものだったりする。
見極めるのはいつも難しい。
他人から見てもちがう。
どれが本物なんてわからない。
結局はやはり、
いまの自分の気持ちと感を
信じるしかないんだよなぁ。

ちかごろ

わたしの耳から流しこんでいるのは
わたしが生まれた70年代の邦楽。
寂れた映画館 とか、
ジャズ喫茶 とか…
いまではもう時代遅れかもしれないど、
でもなんだか懐かしい…。
この切なくあたたかいものはなんだろう。。。
確かにわたしもこの時代を生きたという証…?
若者たちが自分たちで社会を変えようとした学生運動が終わり…、
もしかしたらいま、当時と同じ、どこか期待することを忘れた寂しい時代なのかもしれない。
なんだかちょっと違う気がするのは、
当時はいまよりもすこし、‘孤独’と、友達になれていたんじゃないかな…と思う。
目に見えない、言葉にならない感情を、
必死で言葉とメロディにしていた人たちが愛しい…。
そして憧れる。
私はこの、
青く澄んだ孤独や、寂しさ、そこから生まれる、仄かなあたたかさが好きだ。
あの時代の血が、いまもここに流れている。

081021_183705.JPG

風、風…
ひんやり澄んだ風…
熱をもった気持ちの
温度を冷ますどころか
くすぐってばかり…
風の行方
私の行方
わからない
わからない
なにかいいこと
なにかいいこと
目の前で、どんぐりが音をたてて落ちた
なにかいいこと…
私の気持ちを
くすぐってばかり

ハッピー

エンド
っていいよね…るんるん
なんだろ、むかしハッピーエンドのドラマとかみたら、
ケッ(そんなワケないやぃ)とかどっかで思っていたのに、
最近なんだか素直にそれに憧れたりする。
これはなんだろう。。。???
蒼い時代を終えた、ということなんでしょうか(笑)
それとも、ハッピー体質になってきたのでしょうか。
昨日は、なんだかんだ言いながら、結局22時に就寝してしまった。(それでも早いか。)
それで今日、AM11時に起きたもんだから、かれこれ13時間?寝続けたわけですが…
さすがに寝すぎでいまだアタマ痛いですよねたらーっ(汗)
風がさわやかな日で、寝れる寝れる(笑)
話しはもどって、
昨夜はNHKドラマ「上海タイフーン」の最終回でしてね、それですぐには眠れなかったわけですよ。
もう、ココロが非常にホットになりました。いやぁいいドラマでした。うっとりでした。
-がんばっていれば、きっと素敵なことが起こるぴかぴか(新しい)
私もいつのまにか、自然とそれを信じることができるようになったみたい。。。
私はどっかで、物事は思った方にいく、ような気がしている。
ダメだと思ったら、ダメ。
いいふうになると思ったら、その方へ。
だからきっと、素敵なことが起こるかもっていう予感は、
ハッピーへの近道な気がする。
いや、
特に何かいいことがあったってわけでもないんだけどね。
そう思えたことがよかったっていうか、なんていうか(笑)
ハイ。
SOMETHING GOOD手(チョキ)

ねむっ

めちゃねむっ
もう無理……
もう電車のって帰る。寝る。ぜったいすぐ寝る。帰ってすぐお風呂はいる→寝る!
最近みなさんに注意してもらってたのに、連日夜更かししたことがたたってんのかなぁ。
もう、めっちゃチョコレート食べたいもん。
(説明しよう!体が疲れると無性にチョコレートが食べたくなる!チョコレートは疲労のバロメーターなのだ!)
とにかく寝るっ。人生の貴重な時間をあえて睡眠にあてる!
みなさま、
おやすみなさい。
宣言しとくっ
– – -ひとりごと- – –
お引っ越しがんばってくださいね(^-^)

まちがいなく

081018_100658.JPG

地球は青い。
そんな朝♪
土曜日なのに混んでる電車。
みんなどこいくんだろ。
私も、山とか行きたいなー♪
それかお部屋のベランダでゆっくり読書…♪
窓をあけてお昼寝でもいいなぁ…♪
そんな秋の日の土曜日。

とか

なんとかいっちゃって。
仲間の禎一馬くんのライブに行き、
渋谷の真ん中で、島の海や木々や人を感じて踊り(笑)
その後、約一年ぶりの仲間に再会して乾杯♪
ごきげんに渋谷の街をかけまわる私…。
嫌いな街も人によって変わる。
そう。
この街にいるほとんどの人はきっと、ネオンではなく、人のぬくもりを求めている。
何を隠そう、
この、まぜこぜの地引網の中に混じって存在している私も、そのひとりだからだ。
ゲベベ!
あっという間に終電の時間!!
あ…(久々のアルコール臭漂う満員電車…ぞぉ)
まぁ…
みんなの笑顔をみれたことを考えたら…
いっちょ我慢して帰るかぁ!!!
へへ~
ほろよいっ

081018_004546.JPG

Continue reading…