ああ…

こんな曲をかかなくちゃ…
こんな
包んであげられるような…
怖くないって、抱きしめてあげられるような…
ちっぽけなちっぽけな私も、
いつかこんな歌がうたえるときがくるときまで…
なりたいな。
小田和正さんのライブ映像をみながら
心…はらりはらり…
素敵なクリマスぴかぴか(新しい)

3 comments on “ああ…

  1. わっさん。 より:

    今日もクリスマスで仕事。僕、20代最後のクリスマス楽しめなかった…。稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃は」の歌詞を読んだ。僕は来年で三十路を迎えるやで~。(笑)久しぶりに歌詞作りしような。テーマは20代最後の歌詞。2009年3月までに完璧な歌詞にしなきゃ。2009年3月って、来年の4月から2009年3月まで30代になる人の事です。20代はどんな生活&人生だったかな…考えるのは難しいなぁ。来週(来年)はすでに2008年を迎えますね。(笑)2008年は嘘つかない年でいてほしい。

  2. リンスホース より:

    おはようございます、麻美さん。
    今日も1日を楽しく過ごして下さいね。
    曲っていえばライブを見た影響か、数週間前に麻美さんが夢に出てきたんですよ。
    それは自分が作った詞に麻美さんがメロディをつけるという内容でした。
    ちなみにタイトルは「黒い髪に戻した理由(わけ)は」で、気になったので起きた瞬間に覚えている箇所だけノートにメモしておきました。
    見返すと数行に渡る長い物なのですが、面白い事にタイトルとは全然違って「黒い髪に戻した理由」は最後まで全く出てこないんですよ。
    あの夢面白かったので、また見てみたいなぁ・・・。

  3. MOVE より:

    小田さんの歌は、
    あの素敵な声があるからこそ
    尚更心まで響いてくるのでしょうね
    でもやはり根底にあるは
    オフコース時代からの自分の歩んだ歴史
    ずっと歌手として年を重ねた小田さんだからこそ
    出すたびに深みを増す曲が書ける気がします。
    でも麻美さんは、麻美さんとして
    みんなに届けたいって言う気持ちを
    いつもちゃんと歌ってくださいましたよ☆
    無論小田さんとは違うイメージで届く歌ですけど
    それは今の麻美さんにしか描けない大切な曲・・・
    書かなきゃなんて気負わなくても、
    聴く方の感じ方は違っていたとしてもも
    麻美さんが重ねる年の数だけ、1曲毎に
    麻美さんの気持ちは強く届いてきてますから
    ライフワークとして、曲一杯書いてくださいね♪

Comments are closed.