9/27セットリスト

1.君が降らせた雨なら
2.月にツメアト
3.テーブル
4.蝉
5.僕がいる隅っこに
6.新曲(茜の空の子守唄 仮)
7.旅人へ
でした。+゜(・∀・)゜+゜
今日は一日中雨が降っていました。
それでも私のお家の近くまで会いにきてくれた人がいて
一緒にランチをしました。
とっても幸せでした。
まるっ
bryan adamsを聴きながら。

ねぇみてみてっ

070929_124743.JPG

これ、この間、奄美の海の写メールをくれた友達が
はいこれ、麻美ちゃんにおみやげ♪ってくれたの!
なんかしらんけど泣けてきた…
こんなキレイなのが落ちてるなんて…宝島?
そういう私に、
そうだよ~これ拾うのとっても楽しかったぁ
いいなぁと思った貝殻は、みんな宿の主がいるんだも~ん
そういう彼女のきらきらした笑顔に、もっと泣いちゃいそうだった…
最高のプレゼント♪
ありがとね。。。
真っ白な貝殻
とってもキレイ…
ああ、帰りたい
あなたにもきっと似合うところよ、オススメ♪
そんな彼女の言葉が、
まだ知らない私の居場所をつくってくれた♪
いかなきゃっ

さむっ

070929_090948.JPG

今朝の東京は小雨がパラついています。
なんだか無性にロイヤルミルクティーが飲みたくなりました。
あったか~♪
体は正直に季節に順応しています。
昨日はデモ録りがありました。
今まで首輪をされたがごとく窮屈に感じていたヘッドフォンに、昨日は違和感なく歌うことができました。
それだけで成長を感じられる私♪
スタッフのみなさま、お疲れさまでした!
デモのくせして「ここもう一回お願いします!(歌わせて!)」という、私のわがままにも笑顔で付き合って下さり、ほんと感謝、感謝です♪
場所が渋谷だったんですけど、しかしまぁ相変わらず人の多さにやられました。
歩くだけで、私はおにぎり10個分のエネルギーを消耗してしまいます。
ふらふらです。
星とびます。
ほんと参ります。
でもそんなとき、先日行った琉球音楽イベントの司会をされていたルンルン金城さんの言葉を思い出しました。
人ゴミとかで急ぎたいのにもぅ~何ぃ!?って苛々することがあるさ
でも俺はいっつもおもうわけ
きっとこの人たちにも故郷があるさ
だからこの人たちをかえしてやらんといかん
自分にも還る場所があって、今ここはその人たちに借りてる場所だっておもうわけ
なるほどな…。
いいこと言います。
都会の片隅で美しい海が見える人です。
いつか彼とゆっくり話がしてみたいなぁ~と、思いました。
なんてことを思い出しつつ…なんかもう眠い…。
この季候は寝るためにあるんでしょ……?

ライブ終了

070927_2042~01.jpg

おかげさまで今日(昨日)のライブは無事終わりました!
ライブきてくれてありがとね~!
楽しんでもらえたのかな~…
っと、毎回不安ではありますが、今回より次回!もっといいライブになるようにがんばります!
写真はまさえたんが写メしてくれました♪雰囲気だけでもどうぞ♪
メール下さった方へ
こんな時間になっちゃいましたので、お返事明日にさせて頂きま~す!
ありがとう♪会えてうれしかったよ♪
おやすみなさい

まっ

しろしろの、
まんまるまるのお月様だったね、きのう満月
秋なんだね。
ねぇ、月にうさぎがいるっての、日本だけかな?
他の国は何がいるように見えてるんだろうね。
なんか・・・どうしても私はウサギがみつけられないのよね。
がんばって耳だけ発見!
でももしかしたら・・・
違う何かの姿が隠されているんじゃないかな~って、
そんな私はひねくれもの?
明日はライブなりカラオケ
何が楽しみかって?
ぐしぴんとやむてぃんの音で歌えること。
それとやっぱり、
みんなの顔に会えることぴかぴか(新しい)
明日は、みんなにどんな私を見てもらえるんだろう。。。
何があっても、そばにいてね。。。

ちょっと

お昼寝をさせて下さい。。。
となりのでっかいお家のお子よ。
なぜにそんなに泣いている?
なぜにそんな声を振り絞る元気がある?
すごいな、何がそんなに悲しかったのか?
誰に、何をうったえているのか?
少年よ、羨ましいよ。
そんなに泣くなぃ。
こっちも泣きたくなるではないか。

もうすぐライブ

ライブ前は、常にライブに来てくれるお客さんの顔を思い出してしまう。
電車に乗っていても、
ご飯を食べていても、
もちろんリハーサル中も。。。
みんなの心に届くかな、みんなが笑ってくれるかな、
そんなことばっかりで頭の中はうめつくされてしまう。
今日も仲間とリハーサル。
難しい課題も、自分の弱点もなんでもこい、である。
少しでも、少しでもベストに近づくように、
私自身、そして仲間にも力をかしてもらう。
その時間も幸せである。
ライブがはじまる前から、
やっぱり、
ありがとう。。。
の、気持ちである。

ざわざわ

070923_113021.JPG
070923_121841.JPG070923_122113.JPG

草木が揺れております。
初秋の風
もうすぐ寒くなるよ
ひとりでも強くありなさい
そんな声がきこえる
あ~涼しい
あ~ねみぃ…

Fw:

okinawa.jpg

癒されるーヽ(´∇`)ノ
↑と、沖縄に行った友達からのメール受信。
温度だけいただいている感じです。しゅ~晴れ
海かぁ…
いや、ライブでしょっダッシュ(走り出すさま)
P.S 画像は奄美だったらしいですあせあせ(飛び散る汗)

母電

母:「友達がな、映画観に行こ~ゆうねんけど、何がええかなぁ?」
娘:「ん~、わからん。最近みてないしなぁ…なんでもええんちゃうん?」
母:「なんかあんたがブログでゆうとったロボットのやつにしょ~かな?」
娘:「ああ、トランスフォーマーかいな。面白いけど、母さんには大丈夫かなぁ?」
母:「ほなあれにするわ。魔法使いのやつ」
娘:「なに?」
母:「メガネのやつ」
娘:「ああ、あれかいな。あれ?なんてゆうんやっけ?」
母:「ホウキのやつやんか。」
娘:「だから、それは分かったけど、何ゆうんやっけ?」
母:「なんやようさんタイトル変わったからわからんなぁ」
娘:「ちゃうやん。元のタイトルは一緒やん。あれ?なんやっけ?ロードオブザリング!……ちゃうなぁ」
母:「ちゃうやん、それはちゃうわ~(笑)指輪のやつやんか」
娘:「あれ、なんやっけ?出てこ~へん。あかん、ここで思いださな脳細胞がひとつ減るで」
母:「もぅええわ」
娘:「あかんて!諦めたら脳細胞が減るねん!」
母:「もぅええわ~風呂入ってくるわ~」
娘:「なんでやねん!わかった!!ネバーエンディングストーリーやっ!!」
母:「ちゃうちゃう~ちゃうってぇ!それは大きぃ犬がでてくるやつやろぉ?」
娘:「あれ?なんやろ?わ、あかん。でてけ~へん。なんや?出てこ~へんのかいな?」
母:「明日友達にきくわ~」
娘:「なんでやねんっ!気持ち悪ぅ~しよってからに!」
母:「ほな思い出したら電話して」
娘:「なんでそんなことでいちいちまた電話せなあかんねん!あっ!ネバーエンディング…ちゃうな…」
母:「あはは(笑)ちゃうって~犬やんそれ、犬が空飛ぶやつやん~」
娘:「もうええわ!ネットで調べる!」
母:「意味ないなぁ」
娘:「ほな早よ思い出して~な!」
母:「ほな友達にメールしょ~かぁ?」
娘:「どないしてきくねんな。メガネのやつ、なんやったっけなぁ?てか」
母:「そうやぁ、今日友達がそれ観にいこうゆ~とったからなぁ」
娘:「今日聞いたとこやったらがんばって思い出せよっ!」
母:「ん~~…」
娘:「…」
母:「わからん。」
娘:「もうええわ。ネットで調べる…ちょ~待っとき」
母:「なんやったっけな~?」
娘:「考える気あらへんやろ」
母:「むふふ(笑)」
娘:「(検索結果)あっ分かったーーーっ!
  ハリーポッターやぁーーーっ!!!」
母:「ちゃうやん。もっとややこしい名前やろ?」
娘:「しらんがな。後に続いとる名前のことやろ?ハリーポッターでええねん。」
母:「ふ~ん…」
親子:「ん~……
   そんな名前やったかいなぁ……」
まぁ、
ちょっとした親子の日常会話ですけどね。
お気づきだろうか?
両方ボケだということを。
これが遺伝子。

お恥かしながら

素直に書きます。
私、この仕事しててよかった~っ
て、一番思うのは、
人の心のキレイな部分にであえるからです。
愛してもらう気持ち
一緒に悩む気持ち
一緒に戦う気持ち
応援する気持ち
応援してもらう気持ち
一緒につくる気持ち
理解しようとする気持ち
憧れの気持ち
尊敬の気持ち
優しくなりたい気持ち
大切におもう気持ち
今日も、たくさん
そんな宝物を、惜しげもなく頂きました。
ありがとう。
ありがとう。
こんな私にたくさんのあたたかい気持ち、
ほんとにありがとう。。。
幸せです。

ずっと前

おまえが笑えば笑うほど悲しくなるんだよ
そういって私に、
きっと当時の私にしかできない、素晴らしい役をくれた人がいた
昨日みたステージで歌っていた歌姫も
なんだかよく似ている
歌えば歌うほど
私の胸をしめつけた
誰かいませんか…?
若いのに、ひとりで必死に戦う彼女の姿をみて
こっそり体を震わせた
私は彼女になにをいってあげられるだろう…
今の私になにができるだろう…
ああ私は、弱虫を退治する術を身につけないまま大人になってしまった…
そう思った。
そうか
ならばそれを歌おう。
ここに取り残されているようで、決してそうではない
今ちゃんとここで共鳴している私の歌を
昨日、何時CDになってもおかしくない彼女たちの歌をききながら
かなわない力を感じた
今の私の歌を探そう
そんな気持ちにさせてくれた彼女たちの思いに
精一杯エールを送りたいと思った
さっき、羽根がボロボロになってとんでいるモンシロチョウが目に止まり
昨日の彼女を思い出した
彼女を画像におさめるのに、
電車を3本遅らせてしまった
まずい事態である
でも、
きれいでしょ?

070920_091124.JPG

ああ涼しい

秋だ。
きっと今頃私が生まれ育った場所では、
栗が膨らみ、柿が色づきはじめ、大きなススキが風に揺れ、萩が花を落とし、ワレモコウがうれしそうに青い空と遊んでいるだろう。
ああ、もっと秋を感じたい。
山でも行ってくっかな。
最近思う。
私から生まれてくる音楽って…?
いまどきの歌詞に、私が探りあてることのできないメロディ。
誰かの曲に感動し、たまにうらやましくもある。
でも、やっぱり私が鍵盤を抑える一音一音は、まるでそうでしかないように指が動いている。
本物って
音楽も、人も、いつになったらなるんだろう?
今そこにあるものが本物なんだって誰かは言うかもしれないけど、
いつまで経っても追いつけないものを感じるのはなんなんだろう。
そこに、
やる気というやつがでてくるんだな。
ならば少しでも満たされるまでやってやろう。
私の欠けた胸を埋められるものは、
隣りにいる人、前に見える人、遠くで見守る人…
やっぱり誰かの顔だったりする。
だから、守りたいと思う、もっと欲しいと思う。
だから、私はがんばれる、
んだな。